スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

ダークタワー 5|上 カーラの狼 角川文庫

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041049693
ISBN 10 : 4041049695
フォーマット
出版社
発行年月
2017年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
608p;15

内容詳細

カーラの町は恐怖に包まれていた。もうすぐ凶悪な“狼”たちがやってくる。奴らは23年に1度、双子の片割れだけをさらっていく。戻ってきた子どもは、知性を奪われ、体はいびつに成長し、抜け殻のようだった。怯える人々を前に、一人の老人がガンスリンガーの力を借り、戦うことを提案する。一方ローランドたちは70年代ニューヨークで“暗黒の塔”の化身である薔薇が危機に瀕していること、スザンナの様子が変なことに気づく。

【著者紹介】
スティーヴン・キング : 1947年メイン州生まれ。全米図書協会特別功労賞、O・ヘンリー賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数

風間賢二 : 1953年東京生まれ。幻想文学研究家・翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Small World さん

    これは、「荒野の7人」なのですね。旅するモノの王道の展開ではありますが、そこにキャラハン神父が絡むのがキングならではです。ちなみにキャラハンという名前を聞くと、ダーティハリーしか思い出せず、神父のイメージはいつもイーストウッドです。w

  • てんつく さん

    旅の一行は新たなる地へ。新たな出会いと依頼。カーラの狼との対決はどうなるのか。そしてスーザンに新しい人格が。これが今後の旅に吉と出るか、凶と出るか。気になるので旅の続きへ。

  • ぶうたん さん

    5巻の上。最初は読みやすく感じたが、展開が遅くて徐々にペースダウン。結局上巻では何も始まっていない。キャラハンの話は面白いものの「呪われた町」を読んだのが昔すぎて覚えておらず、もどかしい。さてさて残りは5冊となったが、続けて分厚い下巻に行く気力がないので、また小休止。

  • いぬすけ さん

    ローランドが踊ったり笑ったりしとる…。似合わねえ〜www

  • mono-less さん

    第五巻の上巻。双子が多く生まれるカーラの町。ここでは<狼>と呼ばれる謎の一味が定期的に来襲し、双子の片割れを誘拐していくのだという。町民に狼の撃退を依頼されたローランド一行だったが、そこにはあらゆる困難が待ちうけていた。ニューヨークの薔薇の咲いた空き地買収問題、スザンナの妊娠発覚&新人格発現問題と、ここに来て一気に問題が噴出。さらには超重要人物としてキング初期長編「呪われた町」のキャラハン神父が登場と、ここから先の完結までの三巻はキングが一気呵成に書いたこともあってか、物語がグンと加速した印象。下巻へ!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年、アメリカ、メイン州生まれ。1974年に『キャリー』で作家デビュー。恐怖小説をアクチュアルな現代小説に再生した「モダン・ホラー」の巨匠

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品