スティーブン・ギズボーン

人物・団体ページへ

小さな習慣

スティーブン・ギズボーン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478065778
ISBN 10 : 4478065772
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;19

内容詳細

小さな習慣とは、「小さすぎて失敗しようがない」ポジティブな小さな行動。小さな習慣が、でっかいことを成し遂げる!

小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっとしたポジティブな行動。この方法を使えば、すべてのことは、習慣化し、目標を達成でき、夢を叶え、人生を変えることができる。何しろ「小さ過ぎて失敗しようがない」のですから。

【著者紹介】
スティーヴン・ガイズ : 2004年より、自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダヴ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた

田口未和 : 上智大学外国語学部卒。新聞社勤務を経て翻訳業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 徒花 さん

    ページ数と文字の量は多いが、じつはタイトル以上の内容がない。要するに「腕立て伏せを毎日1回する」くらいの小さな目標を掲げてそれを継続することが大事だよ、ということを述べているに過ぎない本。ただ、このメッセージそのものは意外とありそうでなかったし、自己啓発書っぽくないかわいい装丁もおもしろい。しかし、じっくり読むほどの内容とは思えない。意外と読むのに時間がかかるが、流し読みでまったく問題ない。

  • あすなろ さん

    読書家の監査役が読まれてるのを真似して(笑)。小さな習慣の例は、腕立て伏せ一日一回。バカバカしい。でもその効能がこの一冊に。大いなる根拠は、人の脳は、大きな変化に抵抗を示すものだから小さく、と。よって、やるべき課題をどんどん小さくして脳に示せ、と。これ以上書くと完全ネタバレになりますから割愛。後、どうもこの手の本は苦手ではあります(笑)。でも、ナルホドという本でした。

  • けんとまん1007 さん

    まさに小さな習慣が、このサイトに記録すること。1日1ページでもいいから、本を手にとること。それだけで、精神的にリフレッシュできることも多い。朝、起きる時間もそうだ。そういうネタを、増やしたりして、習慣になる。意思とモチベーションの考え方は、面白く、わかりやすい。

  • あつひめ さん

    小さな習慣は自分を信じるトレーニング…そう思うと出来そうな気もしてくる。小さな習慣でも、心がその気にならなければ続かないし。やはり習慣にするためには自分の気持ちが大きい気がした。早速、生活の中に一回だけの運動を組み込んでみよう。

  • はまだ さん

    ある女性の自宅に初めて行って(おとなしい子だった。)、その女性がオムレツを作っていて、手持ちぶさたで、本棚の本を手にとり、開いて見たところに、「出すぎる杭は打たれない!」と書いてあって、黄色いラインマーカーが何重にも塗られているのを見たときの顔をします。しました。自己啓発本は、なんというか、とてもきつい。しかし、読んでみるとなかなか悪くないのもあります。この本も、「最初の一歩が難しいのだから、その一歩をきわめて小さくしてみよう。」という発想から来たもので、合理的に見えます。2か月でフラれた。なぜだ。★4

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品