CD

スッペ:序曲集、オーベール:序曲集 ポール・パレー&デトロイト交響楽団

スッペ(1819-1895)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD4737
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

マーキュリー・リヴィング・プレゼンス50
パレー&デトロイト交響楽団/スッペ&オーベール:序曲集


初期の『美しきガラテア』、7番目の喜歌劇『スペードの女王』、様々な舞曲を用いながら愉快な軍人生活を描いた『軽騎兵』、3幕のジングシュピール『詩人と農夫』、戯曲の付随音楽『ウィーンの朝、昼、晩』、『デカメロン』のなかの物語を巧妙に繋ぎ合わせた『ボッカチオ』。スッペの喜歌劇や付随音楽のための序曲6曲と、オベールの序曲3曲を、パレー指揮の手兵デトロイト交響楽団による格調高い演奏で収録したアルバムです。(Universal Music)

【収録情報】
スッペ:
1. 喜歌劇『美しきガラテア』序曲
2. 喜歌劇『スペードの女王』序曲
3. 喜歌劇『軽騎兵』序曲
4. 劇付随音楽『詩人と農夫』序曲
5. 劇付随音楽『ウィーンの朝、昼、晩』序曲
6. 喜歌劇『ボッカチオ』序曲

オーベール:
7. 歌劇『青銅の馬』序曲
8. 歌劇『フラ・ディアヴォロ』序曲
9. 歌劇『マサニエッロ(ポルティチの娘)』序曲

 デトロイト交響楽団
 ポール・パレー(指揮)

 録音時期:1959年4月(7-9)、11月(1-6)
 録音場所:デトロイト
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 ルビジウム・クロック・カッティング

内容詳細

パレーが手兵であるデトロイトso.を率いての一枚。オペレッタの分野でR.シュトラウス2世と人気を二分したスッペと、フランスのオペラ・コミックの大家、D.オーベールの序曲集。格調ある演奏が楽しめる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
元気でメリハリが効いたスピード感溢れる演...

投稿日:2014/05/22 (木)

元気でメリハリが効いたスピード感溢れる演奏、DSOのアンサンブル力量にも感心するが、一方スッペはウイーンのオペッレッタとして、オベールもフランスのオペラとしての軽妙さを求めたい気もする。とにかく勢いと重量感に圧倒的される。オベールを聞き比べても私はアンセルメの方が好み、録音はレベルが高く絞らないと強奏では混濁感が目立つの残念。

tanobu さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
ウィンナ・オペレッタの父、スッペと、19世...

投稿日:2012/12/09 (日)

ウィンナ・オペレッタの父、スッペと、19世紀中期にフランスで人気を博したオーベールの序曲集。 ポール・パレーとデトロイト交響楽団によって録音された本盤は、名盤と知られている物で、その生き生きとした音楽、表現力、どれをとってもすばらしい。 特にスッペは速めのテンポでメリハリがハッキリして、良いです。 1959年録音とかなり古い録音なのだが、マーキュリーの優秀な録音のおかげでで多少古さは感じるかも知れないが、年代を考えれば上々な音質だと思います。

レインボー さん | 不明 | 不明

3

スッペ(1819-1895)に関連するトピックス

  • スッペのレクィエム 「宗教音楽家」スッペの顔を象徴する傑作がこの美しい『レクィエム』。ブルックナーで話題のシャラーの指揮。 HMV&BOOKS online|2013年01月31日 (木) 08:10
    スッペのレクィエム
  • ヤルヴィ/スッペ:序曲&行進曲集 スッペ作品集、久々の新録音。華麗で劇的なスッペの音楽はヤルヴィにぴったりです。 HMV&BOOKS online|2012年11月25日 (日) 00:00
    ヤルヴィ/スッペ:序曲&行進曲集

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト