平成狸合戦ぽんぽこ 総天然色漫画映画 文春ジブリ文庫

スタジオジブリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784168120077
ISBN 10 : 4168120074
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
239p;16

内容詳細

1994年に公開され、邦画ナンバーワンのヒットとなった「ぽんぽこ」。制作スタッフへの新規インタビューやオリジナルのイメージボード集、今は亡き古今亭志ん朝をはじめとする豪華な声の演者たちのコメントを収録。さらに人気作家のエッセイから日本最初の妖怪博士による作品世界の読み解きまで、ぽんぽこの世界をご堪能ください。

目次 : 多摩丘陵の狸たちは敗れたが…/ 1 映画『平成狸合戦ぽんぽこ』誕生(スタジオジブリ物語『平成狸合戦ぽんぽこ』と撮影部の発足/ 「俺が豚をやったんだから、高畑さんには狸をやってもらおう」すべては宮崎駿の一言から始まった。/ 当世タヌキの事情(演出ノートより) ほか)/ 2 『平成狸合戦ぽんぽこ』の制作現場(高畑勲『平成狸合戦ぽんぽこ』の演出を語る/ 百瀬義行新規インタビュー「絵を描いている僕らもタヌキのようなものだった」/ イメージボード集・壱 百瀬義行篇 ほか)/ 3 作品の背景を読み解く(野生のフマジメ/ 多摩丘陵のタヌキを追いかけて/ 面白うて、やがて悲しき… ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 亮さん さん

    俺は豚を作った。だからお前は狸を作れ。すごいなぁ。前読んだジプリのの教科書にも載ってたけどジプリ関係者と井上ひさしってかなり仲良いんだなぁ。

  • スプリント さん

    ジブリ作品では地味な存在ですがお気に入りの映画の一つです。制作裏事情を読むと宮ア駿監督の狂気が垣間見えます。プレレコという収録方法があることを本書で初めて知りました。 他の方の感想にもありますが上々颱風が歌う「いつでも誰かが」が私も好きです。

  • エリナ松岡 さん

    個人的な「よく分からないランキング」では上位に入る『ぽんぽこ』の評論・解説集。読んでみて「こりゃある程度の教養や、声優のキャスティングについての情報がなければわからんよ」と思う半面、映画の特筆すべき点(リアルバージョンの狸やかつての多摩丘陵の描写)について掘り下げた解説はありがたいです。映画の中の多摩ニュータウンが現実より公団住宅っぽいことについての建築家藤森照信さんの解説、それから上々颱風の起用とその歌詞からも推測されるように、実はアジアに向けた作品であるという秦剛さんの解説なんかが面白かったです。

  • 無理ちゃん さん

    様々な人(作った人、取材された人、妖怪に詳しい人、団地に詳しい人、多摩丘陵のいきものに詳しい人、アニメーションの歴史に詳しい人、戦時中のプロパガンダ=文化映画に詳しい人etc)が、制作プロセスと作品が作られた文化的な背景やレビューを綴る、絵や図もたくさん収録された、たのしく興味深い一冊。 登場人物たちは、スタジオの人間にはモデルが(スタジオ内の人間だと)あきらかにわかる人物造形らしく、権太が宮崎駿で、正吉が高畑勲だとか。(後半の大塚英志さんの論では、別の意味で、六代目金長=宮崎駿とあり、それも興味深い。)

  • きくち さん

    実はぽんぽこ、ちゃんと見たのは1〜2回くらいしかない気がする。でも上々颱風のテーマ曲は大好きです。タヌキたちががんばってがんばって、でも敵わなくて追いやられていくのに笑ってしまう。本文中にある、「ギャグ」と「滑稽」の違いは大変分かりやすかった。妖怪大作戦の元ネタ、今見たら判るものが多そう。腹鼓記も読んでみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

スタジオジブリに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品