ジブリの立体建造物展 図録“復刻版”

スタジオジブリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784908406928
ISBN 10 : 4908406928
フォーマット
発行年月
2021年11月
日本
追加情報
:
192p;28

内容詳細

2018年にかけて開催された人気展覧会
「ジブリの立体建造物展」の図録が復刊!

『風の谷のナウシカ』から『思い出のマーニー』まで―― ジブリ作品に登場する、どこかに存在していそうな架空の建造物。その印象的な建物に注目し、展覧会の監修を務めた建築家・藤森照信氏による詳細解説、宮崎駿監督の文章と共に、設計の源に触れる一冊。
背景画、イメージボード、美術設定など約380点の図版を収録!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nana さん

    みているだけでわくわく。表紙にもなっている千と千尋の神隠しの湯屋が一番好きです。

  • 文太 さん

    「ジブリの立体建造物展」の図録復刻版。実は私自身この展示会を見に行き、復刻版でない方も持っている。この本を開いたら実際に展示会で見た記憶が蘇ってきた。ただの一風景としてではなく、しっかりと人々の営みを感じられるように、画面に映るすべてに命を吹き込んでいる。だからジブリ映画は面白い。その映画の時代や雰囲気に合わせて時代背景や生活様式を再現していると本書を見ているとよく分かる。個人的には『千と千尋の神隠し』の「湯屋」が1番好き。展示会で模型を見た時は感動した。

  • ゲンタ さん

    ジブリ作品を陰で支えていた建造物に焦点を当てた美しい本。「となりのトトロ」にしても「千と千尋」や「ハウルの動く城」にしても、ジブリの作品は、この建物でなければ物語が成立しないというほど、建造物が重要な役割を果たしています。「魔女の宅急便」などは街ごとデザインしています。ジブリスタッフは全く手を抜きません。だから、キャラクターが生き生きと動き出すんだなと納得しました。

  • YS-56 さん

    思い出と共に。懐かしく楽しむのかな。とにかく、いつか行ってみたい場所ばかりです。

  • おさと さん

    まだ見ていない映画も見てみたくなる。ずっと、隅々まで眺めていたい図録。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

スタジオジブリに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品