ジブリの教科書 7 紅の豚 文春ジブリ文庫

スタジオジブリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784168120060
ISBN 10 : 4168120066
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
255p;16

内容詳細

カッコイイとは、こういうことさ。

万城目学を筆頭に、人気作家陣・学者たちが根強い人気の宮崎駿作品の魅力を読み解く。アニメーター達の貴重な当時の証言も多数収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • つねじろう さん

    豚が豚の事を語るのは何だかな〜って思うけど豚もジブリ映画ではこの作品が一番好き。宮ア監督の云う「疲れて脳細胞が豆腐になった中年男のためのマンガ映画」という壺にどっぽし。好きなとこは万城目さん語る所の豚の存在感。豚が豚で有ることの自然さ。周囲のたまにはそんな事もあるよねと受け容れる大らかさ。そのお約束の上に成り立つ物語はアドリアの海と空のように素晴らしく魅力的。その世界観に魅了された人々が語る豚論や制作エピソード。どれも良いけど加藤登紀子と宮ア監督のズレながらも響き合ってる対談が面白い。豚好きにお勧めです。

  • 〇〇肉店 さん

    買うなら「紅の豚」かな、と思っていたジブリの教科書。というわけで読んでみました。制作秘話や当時のお話、文を載せている方々それぞれの解釈は面白く、いろいろと考えさせられました。私もこの作品がジブリで一番気に入っています。この映画が公開されたとき、私はまだ生まれていませんでした。初めて観たときも、時代背景なんて知りもしなかった。それでもなんだか、この映画が好きになってしまった。そしてこの本を読んで新しいことを知り、またこの映画が観たくなりました。今までより面白くなってるといいです。

  • 佐島楓 さん

    この映画を初めて観たのは、JALの機内だった。まだ幼かった私は、飛行シーンにしびれながらも、「なんで豚なんだろう?」と首をひねった。たぶん今観直しても、その答えは出ない。けれど、そんなことは些末なこと。大人になった今なら、すべて答えが出るものばかりとは限らないと知っている。成長でもあり、ちょっとさびしくもある。

  • ロマンチッカーnao さん

    若かりし頃、人生に悩んでいた期間がありました。その悩みが頂点に達したころ、一睡もせずに、24時間ずっと、紅の豚をビデオで、巻き戻しつつ流してました。内容もセリフも、ほぼ暗記しているといっていいほど覚えてます。飛べない豚はただの豚。かっこよかったな。。死にまで何度も見ると思います。この本で、この映画からそれぞれの人が影響を受けたことがわかり、今まで以上にこの映画への思いが強くなりました。

  • ふく さん

    紅の豚、大好き。ジーナさんもフィオさんも素敵だし、何よりポルコさんがかっこいい。どきどきわくわく楽しいです。ところで本書中、そこかしこで「なぜ豚なのか?」が問題視されているのですが、それってそんなに大事なことなのか不思議です。少なくとも映像だけ見ている限り豚の要素なんて鼻くらいなもので、あとは食事場面なんかでちらりと耳が出ているくらいではなかったかしら。(と思ったら本書の表紙にはでかでかと豚の耳が出てましたが。)肌の色だって人間様と大差ないですから、わざわざ「豚だ」と宣言されていなければ、ちょいとばかり恰

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

スタジオジブリに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品