ジブリの教科書 4 火垂るの墓 文春ジブリ文庫

スタジオジブリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784168120039
ISBN 10 : 4168120031
フォーマット
出版社
発行年月
2013年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
254p;16

内容詳細

世界が驚いた圧巻のリアリティ

兄妹の死が物語るものとは――。山田洋次、與那覇潤、妹尾河童ら豪華執筆陣が、戦争とアニメーション表現の本質について掘り下げる。

太平洋戦争末期の神戸。空襲で親を失った14歳の清太と4歳の節子の兄妹はいかに生き、なぜ死なねばならなかったのか。
文芸的アニメーションとして世界的に高い評価を得た作品の魅力を、山田洋次監督、與那覇潤、妹尾河童ら豪華執筆陣が語る。
名アニメーター近藤喜文のイメージボードほかカラー画も多数収録。(原作・野坂昭如)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はるき さん

    アニメで泣いたのはこの作品が初めてだと思う。人間の業と戦争の悲惨さを幼い兄弟を軸に真正面から暴き出す不朽の名作。戦争映画は沢山有るが、こういう作品を子供たちに是非身て欲しい。

  • よみにゃん子*ママ&絵本初心者 さん

    「悲惨だから、かわいそうだから見ない」テレビ放送時、私の母は良くそう言います。それは違う、と私は鑑賞するのですが、本書を読んでその意味が少し分かった気がします。きっと見ている目線が違うのです。母はおそらく清太と節子の“お母ちゃん”目線で見ているのです。初回テレビ放送時、その頃私は節子よりも幼い子供。それを踏まえれば母は“お母ちゃん”目線で見ざるを得なかったのかな、と。そんなことを考えつつ読んだ第4段。著者達の言葉、節子達が教えてくれた「生きる」ことをしっかりと受け止めて、今度は母と一緒に見ようと思います。

  • エリナ松岡 さん

    シリーズ第一巻の『風の谷のナウシカ』は先月読んだので、次は『火垂るの墓』です。今回も色々な分野の人からの評論や裏話が集められており、それらを読むことで初めて理解した映画の場面が結構ありますが、そうですね、「投下された焼夷弾が投下され、爆破する様子を忠実に再現し、記録として残す」という意図があったというのが、一番驚きであり納得もしたエピソードでした。また、『ナウシカ』の時と同様、今回も大塚英志さんの評論は「まぁ本当によく観ているし、よく掘り下げているなぁ」と敬服します。

  • モリータ さん

    加藤周一の「夕陽妄語」が収録されてたので。加藤周一もアニメ観たんだな(これを観た、というのと加藤周一がアニメを、という意味で)。

  • メルル さん

    これは私が読むべき本ではなかった。途中で何度も手が止まり読みなおしては溜息が出てしまう。論点ずれてない?映画の話ではなかったの?まあ、高畑氏が色々な意味で凄いことはわかった(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

スタジオジブリに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品