スコット ロバートソン

人物・団体ページへ

How To Draw 日本語版 イマジネーションに基づくオブジェクトと環境の描き方

スコット ロバートソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784862462268
ISBN 10 : 486246226X
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
207p;28

内容詳細

アーティストの想像の中に存在するオブジェクトやシーンを実現可能なドローイングとして描く方法をスコット・ロバートソンが教えます。

見たものを見たままに描くことと、想像の中にあるオブジェクトを実現可能なものとしてビジュアルで表現することとは異なります。業界のプロを数多く輩出しているアート・センター・オブ・カレッジのコースデザイナーを務め、豊富な経験を持つスコットが、経験と実績に裏打ちされた教授方法で、ドローイングを教えています。

デザイナーを目指す人にも、すべての経験レベルのアーティストにも必須の書籍になることでしょう。

目的にあった遠近法による描画テクニックは、インダストリアル・デザイナー、アーキテクト、イラストレーター、コンセプトアーティストなど、さまざまな業界・分野で応用できます。

【目次】
CHAPTER 01 画材とスキル
CHAPTER 02 パースの基礎知識
CHAPTER 03 パース画のテクニック
CHAPTER 04 グリッドの構築
CHAPTER 05 楕円と回転
CHAPTER 06 ボリュームの表現
CHAPTER 07 環境を描く
CHAPTER 08 航空機を描く
CHAPTER 09 車を描く
CHAPTER 10 描画のスタイルと画材
本書は「How to Draw: Drawing and Sketching Objects and Environments from Your Imagination」(Design Studio Press刊)の日本語版です。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Solveig_X さん

    絵を描く人全般におすすめです。建造物やメカ、風景画を中心に、普遍的で分かり易い説明を用いているので、繰り返し練習すれば描画の為の技法を学ぶが出来ます。内容はかなり実用的でした。内部の構造を想像したり、図形が得意な人は相性がいい一冊かもしれません。手元に置いておいて損の無い一冊だと思います。

  • かにぱんだ さん

    結構レベルが高い内容なので消化するのは大変だけど、一つ一つ丁寧に解説されてるので、スコット・ロバートソン先生に教わってる気分でじっくり読みこなしていこう。読む価値あり。

  • こひた さん

    三点透視図法が少し楽しんで見れるようになった。

  • kanabow さん

    メカに特化したイラストレーション技法書。そもそも綺麗な線とは何か、どうやって引くのか、どのような線が形状を正しく表現しているのかという方法論から始まり、デバイダーと定規を使った僅かの狂いも無いパースを目指す。非常に理論的でセンスに任せないため信頼できる。AR実演ビデオ機能は面白い試みなのだけれどスマートフォンでは画面が小さすぎるかも。(PCでも見る事はできる)

  • にゃ さん

    結構前に購入したものだが途中まで取り組んで放置していたのをほぼ最後までやりきった。 かなり実用的な内容でこれが正しいノウハウ本だと確信できる一冊。 次はhow to renderに取り組むがしばらくしたらまた読み直したい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スコット ロバートソン

アート・センター・カレッジ・オブ・デザインエンターテインメントデザイン科元学科長。Design Studio Press創設者。デザインおよびコンセプトアートに関する11冊の書籍を執筆および共同執筆。The Gnomon Workshopとの共同製作で教育用DVDをプロデュースし、自身も講義を行う。

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品