ジョージ・M・マラシンスキ

人物・団体ページへ

分子生物学の基礎

ジョージ・M・マラシンスキ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784807906048
ISBN 10 : 4807906046
フォーマット
出版社
発行年月
2004年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,544p

内容詳細

生化学、分子生物学、細胞生物学などが渾然となった生命科学の前線への道しるべとして、本書は、分子生物学に関する基礎としてこれだけは理解してほしいという一つのめやすを示している。

目次 : 分子生物学への扉/ 第1部 タンパク質、核酸、および高分子複合体の構造(高分子/ 核酸/ タンパク質分子の物理的構造/ 高分子の相互作用と複雑な集合体の構造)/ 第2部 高分子のはたらき(遺伝物質/ DNAの複製/ 転写/ 翻訳/ 突然変異、突然変異生成とDNAの修復)/ 第3部 細胞内における高分子の機能の調整(原核生物における遺伝子活性の制御/ 真核生物における遺伝子活性の制御/ 真核生物における遺伝子活性の制御)/ 第4部 生体高分子の人工的改変(トランスポゾン、プラスミド、バクテリオファージ/ 組換えDNAと遺伝子工学:遺伝子の裁断と縫製/ 分子生物学の地平)

【著者紹介】
川喜田正夫 : 1942年東京に生まれる。1964年東京大学理学部卒。東京大学教養学部教授、東京都臨床医学総合研究所部長を経て現工学院大学工学部教授。専攻、生化学。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Z さん

    ハードすぎた。生物学の専門的な実験する人にはいい本だと思います。著者は大学初年度の人向けに、生物学の全体像を伝えるために、書いた本で、544ページに、各章の役割分担を明確にしています。第四版なので、その筋には評価高いのでしょう。そもそも生物学の研究、実験法が冒頭書かれており、おそらく今後、生物学の実験と無縁だと思うので、読む必要なかった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品