ジョージ・ガーモフ

人物・団体ページへ

トムキンスの冒険 G・ガモフコレクション

ジョージ・ガーモフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784826910514
ISBN 10 : 4826910517
フォーマット
出版社
発行年月
1991年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,461p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kiyoka さん

    第一部は『不思議宇宙のトムキンス』として書き直されている。ほとんど一緒なので第二部だけを読んだ。二部は『生命の国のトムキンス』と『トムキンス最後の冒険』をまとめたもの。書かれたのが1938年と古いものなのだが細胞の仕組みや血液、筋肉の働き、遺伝子のことなど勉強になった。まだヒトゲノムという言葉は、でてきておらず電子計算機なら解読できるかも?と書かれていた。(現在だいぶ進んでますよ)進化論を宇宙軸の中においてみたり、人体も宇宙の一部なのだと宇宙論と結びつけているところがガモフならではの解説となっている。

  • absinthe さん

    科学者の中でも異才と言われたガモフ。ユーモアたっぷりの人だったらしく内容もサーヴィス精神にあふれている。これは事実を知るための本というより考え方を学ぶための本だ。とても丁寧でわかりやすい。大学生の時に読んだ本だが、当時としても最先端の物理からは遅れた本ではあったが、読むべき人が読めば内容は色あせてはいない。

  • 白義 さん

    トムキンス氏が体験する、世界の法則が誇張された奇妙な夢と冒険を通して、物理学から宇宙、生命、情報科学まで一走り。当然今となっては古びた箇所も多いが、世界の根本原則となる物理学と生命のシステムを繋げ、統一的に話を繋げる総合力は比類を絶する。古いといってもいまだに基礎的な部分はとてもイメージしやすく書かれていて、トムキンス氏と共にこの世界の不思議、驚異に魅せられること間違いなし。前半のは最新知識により補完した新版もあるが、古典としてトムキンス氏の全冒険を通し広く科学に触れられるこっちを勧める

  • イスカ さん

    我が物理学入門書、心の古典。でも、自分自身の理解はこの本からあまり先に進めなかったな・・・。読むのにすごく時間がかかるのに、高価な本で手に入らなくて、図書館で何度も借りた。トムキンス氏の迷い込む奇妙な世界は、イメージを作って法則を理解する方法を自分の中に植え付けた。パラメータが変化するといったい何が起こるのか?それを考える癖をいつの間にか習得していたと思う。促成には向かないので、そういう用途にはオススメしない。

  • むとうさん さん

    そろそろ「古典」に足を突っ込んでいる、科学啓蒙書の元祖みたいな本。ガモフ氏自身は物理学者であり、前半は物理の問題がメインであるが、後半は生物学、生化学、遺伝学などがテーマ。ストーリー仕立てになっている科学書といえば小学生の時に読んだ「化学のドレミファ」が思い出されるが、ちょっと大人向け版といったイメージ。ものを具体的に説明するのに、あたかも体験を語るかのように説明するといかにわかりやすいか、ということがこれでもかというほど伝わってくる。ただ科学入門にはならないかなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品