ジョン・トーランド

人物・団体ページへ

大日本帝国の興亡 5 平和への道 ハヤカワ・ノンフィクション文庫

ジョン・トーランド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150504380
ISBN 10 : 4150504385
フォーマット
出版社
発行年月
2015年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
430p;16

内容詳細

沖縄では非戦闘員をも巻き込む死闘が繰り広げられていたが、1945年6月に陥落。本土決戦が叫ばれる一方で、政府は終戦工作を始めていた。8月、広島と長崎に原爆が投下され、ソ連が対日参戦し、日本はポツダム宣言を受諾する。15日、反乱軍が終戦を阻止しようとするなか、天皇が朗読した「終戦の詔書」が放送される―。太平洋戦争の全貌を描く歴史ノンフィクションの完結篇。徳岡孝夫・半藤一利特別対談収録。(全5巻)

目次 : 29部 沖縄の鉄の暴風/ 30部 さまよえる日本兵/ 31部 一億玉砕の覚悟/ 32部 追いつめられた日本/ 33部 広島/ 34部 長崎/ 35部 耐え難きを耐え/ 36部 日本敗る/ ,37部 平和への道/ エピローグ

【著者紹介】
ジョン・トーランド : 1912年、ウィスコンシン州ラクロス生まれ。ウィリアムズ・カレッジでジャーナリズムを専攻。第二次世界大戦中は陸軍航空部隊勤務(大尉)。戦後、フリーランス・ライターとなり、“ルック”、“ライフ”誌等に寄稿。日本、台湾、グアム、東南アジアの各国を訪れて約500人にインタビュー取材し、5年の歳月をかけて完成させた『大日本帝国の興亡』は、1971年度ピュリッツァー賞を受賞した。2004年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • てんちゃん さん

    勝見込みなど全くないのに国体護持にとらわれ終戦のタイミングを逸してしまう日本。何のための国家なのか、何のための戦争なのか、色々考えてしまった。1〜5巻、二・二六事件からポツダム宣言の受諾まで、重厚なノンフィクションだった。日本の学校では近現代史は深く教えない。様々な解釈があり、答えは出ない学び。教えるのも難しいだろうし、テストで採点などできない。でも、この戦争から何かを学びとることが、歴史を学ぶということなんじゃないか。高校では、近現代史に重点を置き深く学んだのでもいいのではないかと、考えてしまった。

  • けやき さん

    太平洋戦争のノンフィクション。完結。原爆投下の話がメインだった気がします。「嗚呼、かくて万骨が枯るるのみ」という感じ。

  • ボン さん

    数年越しでシリーズ読了。当事者の証言を元にした公平な記述で太平洋戦争を通史で知ることができた。今巻は沖縄戦から敗戦まで。どこを読んでもやり切れない。敗戦をあと一年早く選べていたら国民が戦場で餓死することも空襲で焼け死ぬことも少なかっただろうし、せめて一ヶ月早ければ広島長崎の原爆は無かっただろう。何一つ勝ち目が無くなっても、天皇の意思に反してまでも本土決戦を叫ぶ陸軍は愚かだと思うが心情はわからないではない。戦争を始めるのは簡単でも終わらせるのは困難。過度の愛国心は国を滅ぼすことを伝え続けなければいけない。

  • 叛逆のくりぃむ さん

     沖縄決戦からGHQによる軍政開始までを詳述。本日沖縄戦の部分を読んだことに奇妙な暗合を感じた。その様相はまさに凄惨としか言いようのないものであるが、敵軍の将官が珊瑚の破片で死んだという部分には、不謹慎ではあるものの奇妙なおかしみを覚えてしまった。

  • まると さん

    長くかかったが、ようやく読了。すごい本でした。立花隆さんが「あの戦争の流れを知るための最適の本」と推奨していたことが頷ける、濃厚な記録でした。最終巻では、終戦を巡る陸軍、日本政府内の凄まじいまでの相克、原爆と天皇が終戦に果たした役割の重要性などがスリリングに展開される。最後にマッカーサーが戦艦ミズーリ号から米国に発したメッセージを読んだ時には、不覚にも感極まってしまった。日本人の妻を持ち、日米双方へのきめ細かな取材を基に公平な目線でつづっているからこそ、今もなお名著として読み継がれているのだろうと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品