ジョン・チーヴァー

人物・団体ページへ

巨大なラジオ/泳ぐ人

ジョン・チーヴァー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784105070717
ISBN 10 : 4105070711
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
388p;20

内容詳細

ピュリッツァー賞、全米批評家協会賞受賞。アメリカ短篇小説の名手と言われた都会派作家チーヴァーの世界。現代に新たな光を放つ、珠玉の短篇集。郊外の高級住宅地を舞台に描かれる洒脱でアイロニーに満ちた物語。20篇すべてに訳者の丁寧な解説を付し、村上春樹・柴田元幸が、「チーヴァーとその時代」を語り合う解説対談を収録!

【著者紹介】
ジョン・チーヴァー : 1912‐1982。米国マサチューセッツ州クインシー生まれ。高校中退後に書き上げた小説が批評家マルカム・カウリーの文芸誌「ニュー・リパブリック」に掲載されデビュー。1940年代から「ザ・ニューヨーカー」誌に東部の郊外住宅地に暮らす中産階級の人々を描いた短篇を数多く発表、J・D・サリンジャーと同時代に都会派の短篇小説家として活躍した。1957年の長篇小説『ワップショット家の人びと』で全米図書賞。短篇小説を集めた『The Stories of John Cheever』はベストセラーとなり、1979年のピュリッツァー賞、全米批評家協会賞を受賞した。O・ヘンリー賞、ウィリアム・ディーン・ハウエルズ賞も受賞。70年代にはアイオワ大学で作家レイモンド・カーヴァーとも親交が深かった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    村上 春樹の翻訳モノも新作をコンスタントに読んでいます。いかにも村上春樹が好みそうな作家です。村上 春樹が訳さなかったら、ジョン・チーヴァーを一生読まなかったも知れません。雑誌『ニューヨーカー』中心に掲載されていただけあって、都会的でアイロニーに満ちた短編集でした。村上 春樹の解説も的確です。オススメは表題作『巨大なラジオ 』&『バベルの塔のクランシー』&『カントリー・ハズバンド』の三本です♪

  • りつこ さん

    面白かった。アンソロジーで読んでいた作品(「シェイディー・昼の泥棒」「再会」)もあって、記憶力のない私にしたら珍しく覚えていた。テイストが似ているようでいてどれも違うので、20編入っているのだが飽きることがなかった。煮詰まった結婚生活を描くのがうまい!なんかいい感じに振る舞えてるオレからこんなオレはありえないへの転落のスピードもリアル。苦い物語が多いのにシニカルが鼻につかないのは稀有。村上春樹さんと柴田元幸さんの対談も二人のファンからするととってもお得。

  • jahmatsu さん

    初チーヴァー。アメリカ50年代〜の悩める中流クラスのアウトな世界感を、春樹氏の作品のチョイスと翻訳に、なんとなく読まされてしまった感じ。それぞれ味わい深し、うまい短編とはこういうことなんだろうなと。「泳ぐ人」「ぼくの弟」が◎

  • くさてる さん

    短編集。50年代アメリカの郊外に住むワスプの人々の生態を描く……という内容だとなんとなく思っていたら、最初の「巨大なラジオ」でびっくりした。これは怖い話で、奇妙な味だ。そう思えば「泳ぐ人」も素晴らしい。幻想と現実、過去と未来が交差して、分からなくなるこの世界。そしてその一方で地に足がついた家族観の行き止まりを描いた作品も読みごたえがあって、とても面白い短編集だった。良かったです。

  • tokko さん

    戦後アメリカの都会生活、しかも高級マンショというといかにも派手できらびやかな(というか豪奢で軽薄な)ものをイメージするかもしれませんが、ジョン・チーヴァーはそんなに単純ではありませんでした。そんな“いかにも”ハッピーな家庭生活の中に潜む狂気というか闇というか、陰の部分が垣間見えるのぞかせ方が非常にうまくて怖くなります。現代アメリカの抱える暗部をわかりやすく描くという、単純なテーマではないだけにその怖さが後を引きます。さすが村上さんチョイスですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・チーヴァー

1912‐1982。米国マサチューセッツ州クインシー生まれ。高校中退後に書き上げた小説が批評家マルカム・カウリーの文芸誌「ニュー・リパブリック」に掲載されデビュー。1940年代から「ザ・ニューヨーカー」誌に東部の郊外住宅地に暮らす中産階級の人々を描いた短篇を数多く発表、J・D・サリンジャーと同時代に

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品