敗北を抱きしめて 上 第二次大戦後の日本人

ジョン・ダワー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000244206
ISBN 10 : 4000244205
フォーマット
出版社
発行年月
2003年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,379p

内容詳細

1945年8月。日本に上陸した占領軍兵士が見たのは、平和な世界と改革への希望に満ちた民衆の姿だった。増補された新図版と本文があいまって、占領下の複雑な可能性に満ちた空間をヴィジュアルに蘇らせる新版。

【著者紹介】
ジョン・ダワー : 1938年生まれ。アマースト大学卒業後、ハーヴァード大学で博士号取得。現在マサチューセッツ工科大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • えちぜんや よーた さん

    当時は言いたいことがあっても、ほとんどが新聞の投書とラジオの街頭インタビューぐらい。でも今はTwitter、Facebook、はてぶなどSNSが完備している。もしも終戦後の日本人が、そのときの気持ちをWebでつぶやいたら、「リツィート」されまくったり、「いいね!」が押されて、あっという間に「まとめ」記事が出来上がりそう(場合によっては「炎上」するかも)。日本史の授業では教えてくれないほどの、虚脱感、空腹感、解放感がこれでもかというぐらい出てくる。

  • 壱萬縁冊 さん

    1999年初出。随所に出る写真は史料の価値が高く、高校日本史でも積極的に利用をおススメしたい。初めて見る写真が多いのは、日本の歴史教科書の視点と違うダワー氏の見識の高さがあるのだろうと推測できる。鶴見俊輔『戦後日本の大衆文化史』との併読も奨励する。大東亜共栄圏:奇怪なキメラ。開戦後半年の幸福感は夢にすぎず、日本人は乱暴の限りを尽くした。中国人の抵抗が柔軟で不屈。合衆国が長期戦で精神的・物質的な底力がいかほどか誤算をおかしていた(3頁)。

  • funuu さん

    天皇を訴追しなかった東京裁判は茶番である。まさに著書の言うとおりだろう。ふりかえれば、近代日本の登場はアメリカの軍艦とともに始まり、アメリカの軍とともに終った夢のようであった。1853年、石炭を燃やして航行する「黒船」を二隻含んだ、わずか四隻の小さな艦隊が日本を開国させるためにやってきた。そして1945年、今度は鋼鉄を輝かせた大艦隊が再びこの国にもどってきて、九三年間の夢を閉じたのである。推薦書です。日本人は忘却した話が満載です。

  • kochi さん

    第二次大戦の敗戦後、占領下の日本が、いかなるものであったかを、世相、風俗、政治制度など広範に描いて余すところない労作。『容赦なき戦争』と同様、日米両国に対して、比較的公平な筆致で書かれていると思う(大元帥には厳しいコメントもあるが)。日本版上は主として世相が対象で、第4章は涙なしでは読めない(進駐軍向けの「レクレーションセンター」なるものを日本政府主導で作り上げたらしい)。日本人が戦後、「敗北を抱きしめて」作り出したものが何なのか、著者の答えは、下巻へとつづく。

  • 白あん さん

    あの「堪えがたきをを堪え」ることは凄まじく辛い生活の始まりだった。GHQのアメリカ的民主主義の一方的な押し付けを当のアメリカ人が驚くほど素直に子供っぽく受け取った日本人。それでも8月15日あとも日本人はそれぞれの苦難の日々を這いつくばって生き抜いてきた。戦後乱立した出版社が発行したおびただしい数の書籍や雑誌を日本人は読み漁り、音楽や映画で慰められてきた。敗戦を自嘲したブラックなユーモアも含め、日本人は文化の力で立ち直ってきたのかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • 『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来『ホモ・デウス』 我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。世界的ベストセラーが待望の邦訳。 HMV&BOOKS online|2018年9月6日(木)
  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く先を語る『さらば、資本主義』。 HMV&BOOKS online|2015年10月19日(月)
  • アメリカの転換期1950年代の正体を暴く 越智道雄×町山智浩の巻末対談も見逃せない!ピュリッツアー賞作家、デイヴィッド・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ 1950年代アメリカの光と影』がちくま文庫で登場! HMV&BOOKS online|2015年9月16日(水)
  • 齋藤佳子「信じる! 伝える! 実現する!」 TBS人気番組『マツコの知らない世界』でプレゼンターを務めた「全人類を応援する元NFLチアリーダー」齋藤佳子の、周りも元気にしてしまう超ポジティブな生き方とは? HMV&BOOKS online|2015年9月10日(木)
  • 話題の本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」 8/13「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレ朝19時〜)にて、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した深谷義治さんが取り上げられました。 HMV&BOOKS online|2015年8月14日(金)
  • 視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていたとしたら…? 人の思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、 五感からの情報に大きく左右されている―そんな驚きの研究結果がこの10年で続々と発表され、心理学の世界で注目を集めている「身体化された認知」とは? HMV&BOOKS online|2015年8月13日(木)

おすすめの商品