ロシア戦線のフォッケウルフFw190エース オスプレイ・ミリタリー・シリーズ

ジョン・ウィール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784499227445
ISBN 10 : 4499227445
フォーマット
発行年月
2001年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25cm,103p

内容詳細

本書は史上初めて撃墜戦果250機を記緑したエース、ヴァルター・ノヴォトニーが所属した第54戦闘航空団をはじめとする、東部戦線のFw190戦闘機部隊エースたちの戦歴と、もうひとつの主役、戦闘爆撃機部隊の戦いを紹介。クルスク会戦とその後の激戦、そして「夏期大攻勢」と、ソ連軍の猛攻に追いつめられながらも、第三帝国最期の日まで戦ったFw190とパイロットたちを追う。

目次 : 「全員退場」(卜書き)/ 新鋭機への習熟/ 前線の第51戦闘航空団/ 第54戦闘航空団「緑のハート」登場(卜書き)/ ふたつの航空団/ ツィタデレ―クルスク会戦/ 地上攻撃部隊/ 第51戦闘航空団、Bf109に再転換/ それでも困難に立ち向かう「緑のハート」/ 少なすぎて、遅すぎて/ 「終幕」(ト書き)

【著者紹介】
ジョン・ウィール : 英国の航空誌「Air Enthusiast」のスタッフ画家として数多くのイラストを発表。ドイツ機に強い関心をもち、オスプレイ・ミリタリー・シリーズのほか、同じくオスプレイ社の“Combat Aircraft”シリーズでJu87シュトゥーカの戦歴に関する2冊の著作をものにしている

阿部孝一郎 : 1948年新潟県三条市生まれ。東京理科大学工学部機械工学科卒業。電気会社に約23年間務めたのち、退職。現在は航空機技術史研究家。『スケール アヴィエーション』(大日本絵画刊)誌上で、メッサーシュミットBf109のF型、最後期型であるK−4/G−10と、フォッケウルフFw190D型についての研究を発表。訳書に『メッサーシュミットのエース 北アフリカと地中海の戦い』(大日本絵画刊)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ロードスの騎士 さん

    このシリーズは複数の部隊の戦歴を追い、そのたびに場所が変わり、時系列が前後するのでわかりにくい。この本の場合、第51戦闘航空団、第54戦闘航空団、地上攻撃機部隊。インドネシア、ビルマ、フィリピン、日本上空と目まぐるしく場所が変わる、米軍ものよりはましだけど。内容的には、地中海、ドイツ本土、西部戦線に戦力を引き抜かれ、どんどん破滅的な状況になっていくのが、良く分かる。部隊の戦績と各人の戦績を詳細に記した良著

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・ウィール

英国の航空誌「Air Enthusiast」のスタッフ画家として数多くのイラストを発表。ドイツ機に強い関心をもち、オスプレイ・ミリタリー・シリーズのほか、同じくオスプレイ社の“Combat Aircraft”シリーズでJu87シュトゥーカの戦歴に関する2冊の著作をものにしている

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品