ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス

人物・団体ページへ

ウォーターハウス夢幻絵画館 ToBi selection

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784808709822
ISBN 10 : 4808709821
フォーマット
出版社
発行年月
2014年01月
日本
追加情報
:
159p;26

内容詳細

目次 : 1 古代へのあこがれ 1871〜1883年―若手画家としての順風満帆な歩み/ 2 劇的な絵画空間 1884〜1890年―高まる国内外での名声/ 3 神話と伝説への回帰 1891〜1900年―イタリア滞在を経て主題の転換期へ/ 4 ヴィクトリア朝の残照のなかで 1901〜1917年―「モダンなラファエル前派」

【著者紹介】
川端康雄 : 横浜市生まれ。明治大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。日本女子大学文学部教授。専門は英文学、イギリス文化研究

加藤明子 : 横浜市生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(美学)。三菱一号館美術館学芸員。専門は英国美術史、近代美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    ラファエロ前派に所属しながらアカデミー好みの絵画を描いたウォーターハウス。しかし、彼の技術はいつも発展的だった。特に女性を理想化せずに魔性や苛烈さ、世に押し潰されなければならない不安や気怠さすらも描ききったのにますます、好きになりました。『オデュッセイア』をモチーフにした作品群が素晴らしく、『嫉妬に燃えるキケロ』の表情は、女の残酷さと危うい自尊心の高さの見える表情が好き。『ヒュラスとニンフたち』の清楚さと危うい艶めかしさを内包したニンフたちは美しいが、見ようによっては底無しの闇のようにも見える瞳が恐ろしい

  • Mijas さん

    表紙のシャロット、オフィーリア、トリスタンとイゾルデ、デカメロン、ペネロペ…ウォーターハウスが描く作品世界は幻想的で、神話、文学を題材とした演劇を観ているかのようだ。描かれる女性が美しく、ラファエル前派らしい甘美な世界。背景の風景画は印象派のように細かい描写。好きな絵の数々がオールカラーで紹介され、さらに作品に登場する人物の説明もあり、お気に入りの一冊になった。ヘリックの詩「薔薇の蕾は摘めるうちに摘みなさい」をモチーフにした絵が印象的。薔薇が散りばめられ、まるで英国式庭園を散策しているかのよう。

  • Vakira さん

    われ草地にて出会いし女は いとも見目麗しきひと 髪長くして脚は軽やか、目には妖しき光を湛え。ー「つれなき美女」:ジョン・キーツ。 リョサの長編「悪い娘の悪戯」のカバーがウォーターハウスの「オデュッセウスに杯を差し出すキルケ」という作品で艶かしく惹かれた絵だったので画集を購入して他の作品も見てみた。たまたま「アート鑑賞、超入門7つの視点」を読んだので見方のトライしてみた。ウォーターハウスの場合、絵を鑑賞するというよりじっくり見ていると物語が動き出す。セイレーン、人魚、神話の美女等妖艶な魔力に呑み込まれる。

  • Mumiu さん

    表紙を見て写真かと思ってしまった。神話をを題材にした作品が多い。画集終わりの方のコラムで「通俗性」という言葉が使われているが、なるほど納得の人気ぶり。今まで知らなかったのが残念!めちゃすきです。ウォーターハウス展、来日することがあったらぜひ見たいです♪

  • yamaneko* さん

    読み友さんの読書記録を見て、表紙の絵に釘付けに。即図書館で予約しました。精緻な絵は、ため息もの。この人のローマ時代への愛執が強く感じられました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品