ジョルジョ・アガンベン

人物・団体ページへ

スタンツェ 西洋文化における言葉とイメージ ちくま学芸文庫

ジョルジョ・アガンベン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480091314
ISBN 10 : 4480091319
フォーマット
出版社
発行年月
2008年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,380,7p

内容詳細

たとえば「メランコリー」。フロイトやラカンら近代の精神分析学により「対象」と「所有」の病理とされ研究対象となったこの病は、中世の修道士の無気力に発し、「狂気」「欲望」「並外れた詩人」という極端な矛盾を孕む黒胆汁の気質と考えられ、デューラーの作品に結晶する。中世の物語や恋愛詩、エンブレムや玩具、ダンディズムや精神分析、それらは言葉とイメージがつむぎ出した想像と忘却の変遷の保管庫=「スタンツェ」である。西洋文明における豊饒なイメージの宝庫を自在に横切り、欲望・感情・言葉のみならず欠乏・喪失が表象に与えてきた役割をたどる。21世紀を牽引する哲学者の博覧強記。

目次 : 第1章 エロスの表象像(白昼のダイモン/ メランコリア/ メランコリックなエロス/ 失われた対象/ エロスの表象像)/ 第2章 オドラデクの世界で―商品を前にした芸術作品(フロイト、あるいは不在の対象/ マルクス、あるいは万国博覧会/ ボードレール、あるいは絶対商品/ 洒落男ブランメル、あるいは非現実性の出現/ マダム・パンクーク、あるいは玩具の妖精)/ 第3章 言葉と表象像―一三世紀の恋愛詩における表象像の理論(ナルキッソスとピュグマリオン/ 鏡の前のエロス/ 「想像の精気」/ 愛の精気たち/ ナルキッソスとピュグマリオンの間/ 「終わりなき悦び」)/ 第4章 倒錯したイメージ―スフィンクスの観点から見た記号論(オイディプスとスフィンクス/ 固有のものと固有でないもの/ 壁と襞)

【著者紹介】
ジョルジョ・アガンベン : 1942年、ローマ生まれ。ローマ大学卒業。パリ国際哲学院やヴェローマ大学を経て、ヴェネツィア建築大学教授。1974年より1年間ヴァールブルク研究所に属する

岡田温司 : 1954年生まれ。京都大学大学院博士課程修了。京都大学大学院教授。専門は西洋美術史。著書に、『モランディとその時代』(吉田秀和賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • またの名 さん

    フェチは精神分析によると、目の前の現実を認めつつも病的妄想にならない程度で否認し理想の対象にブヒる。これと同じ分裂した機制を、一度も所有してない非現実の対象がまるで失われるかのように予感し悲哀に沈むメランコリーに見出すアガンベン。全体をその部分に代理させる提喩がパートナーを身体又は付随物の一部で代用するフェチと類似し、隠喩もひとつの物を別の物で代替する点でやはり近く、商品の使用価値と交換価値さえ以下同様などと議論。最終的に隠喩が代理してる固有の項はなく別の隠喩に連鎖するだけと述べるポスモダ風味の初期論考。

  • niam さん

    メランコリー、愛、フェティシズム、エンブレムといった事象が要請する表現の緊張を論じる。手堅い文献学的手法を駆使しながら、西洋の言語表現における現前/不在、肯定/否定、顕示/隠蔽といった両義性の問題を、ハイデガー哲学や精神分析学といった20世紀の思潮と通底させながら捌いていく手際はお見事。論旨は明快この上ないが非常に内容豊かであるため、何度となく立ち返りながら理解を深めていきたい。

  • きつね さん

    何か明快な答えが出るわけでもないし、その過程に明証があるわけでもない。問いを問いとして磨き上げんとし、その周りをぐるぐると経巡って滞留する。個人的にはナルキッソスとピュグマリオンが連接されるところが楽しかった。結局昨日読んだ本と同じく詩のcomme(ないしcomparution)という問題にたどり着いた。ハイデガーへの献辞もそのため。以下抜粋。164「端的に言って、哲学と医学を分けることは不可能なのである。純粋に医学的なモチーフと、われわれが哲学=文学的とみなす主題のこうした絡み合いは、詩人たちにおいても

  • mio k さん

    西洋文明において引き裂かれたものを問い直す、優雅でいてかつリリシズムを伴った美しい思索。怠惰やメランコリー、ボードレールやブランメル、ナルキッソスとピュグマリオンなど様々な主題を取り上げながら、相反するものたちが交叉する場=スタンツァについて膨大な知識を用いて語られる。それにしてもエモい。好き!「愛とは、まさに英雄的で神聖なるものである。わたしはそう考えたい。たとえ愛のために幾多の受難にさらされるとはいえ」。

  • ra0_0in さん

    今や政治思想におけるスターとなったアガンベンだが、その出発は美学者であった。本書はポスト構造主義をバックグラウンドとしながら、存在と非存在、シニフィアンとシニフィエ、主体と対象とを共に成立せしめている、それ自体は表象不可能な裂け目(もしくは襞)が西洋思想において占めてきた位置を、ギリシア哲学から中世神学、中世ロマンス詩、モダニズム、フロイト、マルクスへと辿り、現前の形而上学が隠蔽した歴史を発掘し直す。とりわけメランコリーに関する記述は、この分野において刷新的。ド=マン、ドゥルーズの仕事と比べても面白い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品