ジョルジュ・サンド

人物・団体ページへ

ちいさな愛の物語 ジョルジュ・サンドセレクション

ジョルジュ・サンド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894344488
ISBN 10 : 4894344483
フォーマット
出版社
発行年月
2005年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,515p

内容詳細

「あなた方がバラの言うことを聞いたことが全然ないとはお気の毒ね」。19世紀フランスを代表する女性作家ジョルジュ・サンドが、孫たちに語った、妖精や巨人が登場する“不思議”の物語の集大成。

【著者紹介】
ジョルジュ・サンド : 1804年、パリに生まれる。中部フランスの田園地帯ノアンの祖母のもとで育つ。1822年、カジミール=フランソワ・デュドヴァンと結婚。1831年、パリに出、『ル・フィガロ』紙に寄稿を始める。1832年、G・サンドの筆名で『アンディアナ』を出版、文壇にデビュー。1833年、メリメとの短い関係を経て、ミュッセとの関係(〜35年)。1836年、夫との別居協定が法的に成立。この頃リスト、マリ・ダグー伯爵夫人、ドラクロワらと交流。1838年、二人の子どもたちを伴って、ショパンとマヨルカ島でひと冬を過ごす。47年まで共に暮らし、豊かな創作時期を過ごす。1841年、P・ルルー、L・ヴィアルドとともに『独立評論』誌を創刊。1843年、大作『コンシュエロ』を完成。1847年、家族の前史まで遡る自伝『わが生涯の歴史』の執筆に着手(54年連載開始)。1848年二月革命勃発、臨時革命政府メンバーの傍で積極的に活動。1849年『捨て子フランソワ』がオデオン座で大成功を収める。1850年、彫刻家マンソーとの関係が始まる。1852年、政治犯の恩赦を求めてナポレオン3世に謁見。1864年『ヴィルメール侯爵』がオデオン座で大成功。この頃デュマ・フィス、フロベール、ツルゲーネフらと交流。1876年死去

小椋順子 : 1967年東京大学大学院博士課程満期退学。1968年パリ大学付属音声学研究所研究生。1969年より独協大学教授を経て、名誉教授。バルベ・ドルヴィイ研究、作品の翻訳など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • つだしょ さん

    『ピクトルデュの城』のみ。画家の父と娘の物語。少女と精霊たちとの出逢い。著者ジョルジュ・サンドの「精霊がいるのかいないのかそれが重要」という前置き。義母や父親からの娘への抑圧(「絵描きになろうだなんてばかげた考えは捨てなさい」)。父親の没落と娘の大成。女性の書いた小説には、男性のそれとは異なった感覚を覚える。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品