ジョナサン・スウィフト

人物・団体ページへ

ガリヴァー旅行記 福音館古典童話シリーズ

ジョナサン・スウィフト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834001488
ISBN 10 : 4834001482
フォーマット
出版社
発行年月
1988年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,586p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Natsuki Shimizu さん

    ★★★★☆ 大まかな話の内容は知ってるつもりでしたが、予想以上に内容が濃かったです!人間の性質というか本性というか、そういった視点がよく描かれている気がしました。また当時のイギリスの時代背景がとても影響してるんだなった感じました。

  • くじら さん

    ガリヴァーが小人の国だけでなく巨人の国や空飛ぶ島へも行ったことは知ってたけど、風刺小説としても有名だとは知らなかった。初めてまともに読んだ。あれだけ世の中を批判してよく出版できたもんだ。けっこう考えさせられた。読了後はすっかりガリヴァーに感化され、私も馬のように生きようと思ったw

  • 岡田ひより さん

    実際は高谷りんさんの絵の紙芝居。ひよははまったらしく、6回も続けて読まされた。7回目はさすがに勘弁してもらった。

  • bibliophage さん

    小学生に紹介しようと、はじめて後半を読んでみた。どう話してよいものやら、私自身が租借しきれない。児童書のコーナーにあるのは間違いでは?

  • 那 さん

    馬の国のインパクトが半端なかった。まさに人類全否定。最後まで読んでよかった。そしてもっと多くの人に読んでもらいたいとも思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョナサン・スウィフト

1667‐1745。イギリスの諷刺作家、詩人。両親ともにイギリス人の家系ながら、アイルランドに生まれる。1686年ダブリンのトリニティ・カレッジを卒業後、イングランドの元外交官W.テンプルの秘書となる。彼の死後、アイルランドに戻り、聖職に就く。ダブリンとロンドンを往復しながら、1704年、『桶物語・

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品