知識と権力 クーン/ハイデガー/フーコー 叢書・ウニベルシタス

ジョゼフ・ラウズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784588006968
ISBN 10 : 4588006967
フォーマット
出版社
発行年月
2000年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,369,39p

内容詳細

20世紀の思想世界における三巨星:クーン、ハイデガー、フーコーが提起した概念や方法・見解を大胆に拡張し融合させ独自の科学論を構築する。

目次 : 第1章 序論―知識と権力/ 第2章 実践としての科学―クーンに対する2つの読み方/ 第3章 解釈とは何か―普遍的解釈学への2つのアプローチ/ 第4章 ローカル・ノレッジ/ 第5章 実在論と反実在論を超えて/ 第6章 自然科学、人間科学、政治的批判/ 第7章 科学と権力/ エピローグ―科学の政治哲学へ向けて

【著者紹介】
ジョゼフ・ラウズ : 1952年生まれのアメリカの科学哲学者。オバリーン・カレッジを卒業後、ノースウェスタン大学大学院で修士号と博士号を取得。現在、アメリカのウェズレー大学教授として、「社会における哲学と科学」プログラムを担当。著書には、『知識と権力』のほか、『Engaging Science:How to Understand Its Practices Philosophically,Cornell U.P.』1996年(『関与する科学―科学的実践を哲学的にいかに理解するか』)がある

阿曽沼明裕 : 1965年広島県生まれ。京都大学理学部卒業、広島大学大学院社会科学研究科博士課程中退、筑波大学大学院研究センター助手を経て、現在、名古屋大学大学院教育発達科学研究科助教授(高等教育論)。博士(学術)、共著に「大学教授職の国際比較」「通史 日本の科学技術 国際期」

網谷祐一 : 1972年京都府生まれ。広島大学総合科学部卒業。現在、京都大学大学院文学研究科(科学哲学科学史専修)修士課程在学中。主な論文に「種概念の思考枠」(「生物学史研究」第62号)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョゼフ・ラウズ

1952年生まれのアメリカの科学哲学者。オバリーン・カレッジを卒業後、ノースウェスタン大学大学院で修士号と博士号を取得。現在、アメリカのウェズレー大学教授として、「社会における哲学と科学」プログラムを担当。著書には、『知識と権力』のほか、『Engaging Science:How to Unders

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品