ジョアン・スファール

人物・団体ページへ

星の王子さま バンド・デシネ版

ジョアン・スファール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784861139567
ISBN 10 : 4861139562
フォーマット
発行年月
2011年05月
日本
追加情報
:
189p;15X19

商品説明

原作者、サン=テグジュペリの遺族が認めた、
世界でただひとつの「星の王子さま」フランスコミック版。
池澤夏樹の新訳で待望の刊行。
世紀を越えた名作の世界で初めての公式コミック。
池澤夏樹氏の訳下ろしで登場!
原作者の遺族がただひとつ認めたフランスコミック。

今までで一番、元気で子どもらしい星の王子さま。
フランスで発売されるや、すぐに大きな話題になり30万部のベストセラーを記録した。
その後、ヨーロッパ各国で出版され続々ベストセラーに。

邦訳出版においては、集英社版「星の王子さま」の翻訳を手がけたことでも知られる池澤夏樹氏が、1コマ1コマ丁寧に訳下ろし。

内容詳細

世紀を越えた名作の世界で初めての公式コミック。今までで一番、元気で子どもらしい星の王子さま。ヨーロッパで続々ベストセラー。

【著者紹介】
ジョアン・スファール : 1971年ニース生まれ。大学で哲学を専攻し、パリ国立美術学校にて美術を学ぶ。卒業後、BD作家として活動を開始し、フランスBD界に新しい表現手法によって新風を吹きこんだ。現在では、フランスの多くの出版社から作品を出版し、『Le Chat du rabbin』(ダルゴー社刊)は25カ国で翻訳され、全世界で85万部を売り上げるという成功をおさめた。2011年に日本公開された映画「ゲンスブールと女たち」(配給・クロックワークス)の監督をつとめるなど、活動は多岐に及んでいる

池沢夏樹 : 1945年北海道帯広生まれ。89年、「スティル・ライフ」で芥川賞を受賞。翻訳家としても多くの作品を手がける

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ : 1900年リヨン生まれ。郵便飛行の飛行士として活躍すると同時に自らの体験を基にした作品「夜間飛行」、「人間の土地」などを発表する。第2次大戦中は、偵察飛行隊に所属した。43年に「星の王子さま」を発表後、44年7月、コルシカ島から出撃し、地中海上空で消息を絶った(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きつねこ さん

    星の王子さま、昔から持ってるのに最後まで読んだことがないとぼやいたら、紹介していただきました。原作とは異なる王子さまの姿に戸惑いながらも読み進めるうちにはまってしまいました。そして、きつね。《飼い慣らされる》って、主従関係のある言葉かとおもっていたよ。素敵だなあ。原作にもう一度挑戦てみます。→かんけいないけど、最後まで観れない映画は地獄の黙示録。何度観ても必ず同じところで寝てしまいます。。

  • miyu さん

    サン=テグジュペリの星の王子さまが大好きなので3冊の日本語版の他に英語・仏語・伊語版を持っている。これはバンド・デシネ版。ジョアン・スファールはBD界では比較的若手に入るのか?(全然知らなかった)この絵は王子さま好きにとって「ふざけるな!」と腹立たしく思うのかもしれないが私は好きだ。金髪碧眼なとこだけは同じでオリジナル王子より一癖ありそうな子供だが喜ぶシーンや泣き顔など妙に人間くさくて愛らしい。そして飛行機乗りがおじさんで(それもいかにも仏人)とても身近に感じる。緻密な絵柄や色使いも流石にBD。よかった。

  • 南雲吾朗 さん

    この絵、すごく好きだ。飛行機を修理する「ぼく」は、おじさん風に描かれていて、そこがまた、味があって良い。

  • Koichiro Minematsu さん

    スファール作であるコミック版の「星の王子様」。今宵JAZZを流しながら、再読。少年らしい王子様。自由、奔放、活発で良いですね。自分は素直な言葉を言っているのだろうか? 自分の心はいつしか歳とともに荒んでいるのかな(笑)

  • りりす さん

    ジョアン・スファール作、池澤夏樹訳、原作はもちろんサン=テグジュペリ。王子様は旅した星々で、王子様には理解出来ない馬鹿げた大人たちに会う。この馬鹿げた大人たちは、地球に住む大人たちで、私達の周りの人間で、実は私達(かもしれない)のメタファー。だから王子様が旅先の星々で大人と出会うという筋書き自体には意味はない。原作を始めて読んだとき、そのことを説明できるほど分かってなかったんだけど、これを最初に読んでいれば分かっていたかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド