ブリジャートン家 3 もう一度だけ円舞曲を ラズベリーブックス

ジュリア・クイン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784801926127
ISBN 10 : 4801926126
フォーマット
出版社
発行年月
2021年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
510p;15

内容詳細

ペンウッド伯爵の庶子ソフィーは、意地悪な継母とそのふたりの娘が家にやってきた上、父の突然の死によって、メイド同然のつらい日々を送っていた。そんなある日、ブリジャートン子爵家で仮面舞踏会が催され、留守番だったソフィーも、ひょんなことから祖母のドレスを着て出かけることに…。ソフィーは一夜限りの夢と知りつつ、子爵家の次男ベネディクトとワルツを踊り、午前零時の鐘の音とともに姿を消した。ベネディクトは残されたイニシャル入りの手袋だけを手がかりに、ソフィーを探すことを決意するが…。全米で1000万部の売り上げを誇る“現代のジェイン・オースティン”ジュリア・クインが贈る大人気小説。ドラマ“ブリジャートン家”シリーズ原作!

【著者紹介】
ジュリア・クイン : ハーバード大学ラドクリフ・カレッジ卒業後すぐにロマンス小説を書き始め、1995年にSplendid(邦題:『すみれの瞳に公爵のキスを』)で作家デビュー。2000年に発表した“ブリジャートン”シリーズの第1作、2作、4作がRITA賞の候補作に選ばれ、人気ヒストリカル・ロマンス作家としての地位を確立。2007年、シリーズ第8作がついに受賞。その他2作品がRITA賞を受賞している。米国ロマンス作家協会殿堂入り。太平洋岸北西部に家族と在住

村山美雪 : 東京都出身。出版社、外資系商社勤務を経て出版翻訳の道に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
あらすじを読んでわかる通り設定がまるでシ...

投稿日:2021/04/21 (水)

あらすじを読んでわかる通り設定がまるでシンデレラです。 ですがヒロインが庶子ということもあり簡単には結ばれません。 身分違い悩み切なくなる展開に泣けますが、最後にはスカッとできます。 周りを取り囲むキャラクター達も魅力的ですのでお気に入りが見つかるかもしれません。シリーズものを読む楽しみですね。

シロハルソウ さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    私生児であるものの、伯爵である父の元で育った美しい女性が主人公です。何の後ろ盾もない美女が周囲に利用される姿には本当に腹が立ちますが、現在でも状況に大した変化はない気がします。だからこそ女子は主人公に自分を投影し、怒り、同情し、解決されてほっとするのよね。こういうテンプレートは小公女と一緒だけれど、こういう本を読みながら女性は利用される危険を学んできた気がします。女子、がんばろう!

  • sin さん

    kindle版。シリーズ3作目、ブリジャートン家次男ベネディクトのお話。内容はまさにシンデレラストーリー。ドラマを見ているので、登場人物たちがドラマと重なってしまう。兄弟姉妹のオムニバス連続小説、ゆっくり最後の一人まで読もうかな。

  • 鳩羽 さん

    伯爵の非嫡出子であるソフィーは、父伯爵が亡くなってから継母に女中のようにこき使われていた。一度限りの思い出として仮面舞踏会に参加し、そこでブリジャートン家の次男ベネディクトと一目で恋に落ちる。互いに惹かれあいながらも、舞踏会に行ったことがバレて、家を追い出されたソフィーは自活の道を探るが…。運命的な再会が待っていた。…シンデレラそのままのようなストーリー、そして上流階級になりきれないことは最後までネックとなり、婚前交渉を持つのも貴族じゃないからかなと思う。それにしてもヴァイオレット母さんがかっこいい。

  • arianrhod さん

    兄弟姉妹分の物語がある予感。1800年頃の英国には警察機構が存在してなくて、判事やその関係者の賄賂でどうにでもなる時代だったので、貴族はなんとでもできたので、あながち間違いでもないオチだと思いました。シンデレラストーリーになぞられたロマンティックな物語でした。物語冒頭で1815年のワーテルローの戦いのくだりがあるなど、歴史観も盛り込まれています。考えれば、1815年から始まり、二人が出会い、最後のヴァイオレットママのお誕生会の1827年までに、ナポレオンはすでにセントヘレナ島で亡くなってしまっていますね。

  • ヒサ子。 さん

    今回は、次男のベネディクトが主人公。まだ三作目だけど、八人兄弟でベネディクトが一番好きになった! 一夜限りの仮面舞踏会で運命の出会いをした謎の淑女ソフィーを二年も想い続ける彼の一途さにキュンとしました。”彼女”と気がつかずに再会した彼が、しばらくの間は紳士でいられたのにだんだん余裕がなくなっていくのが、またキュンとする。継母にこき使われてきたソフィーと彼の価値観の違いが今回の障害になっているのかな。 あらすじからもうシンデレラを想起させられていますけど、これは期待以上のハッピーエンドが最高でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジュリア・クイン

ハーバード大学ラドクリフ・カレッジ卒業後すぐにロマンス小説を書き始め、1995年にSplendid(邦題:『すみれの瞳に公爵のキスを』)で作家デビュー。2000年に発表した“ブリジャートン家”シリーズの第1作、2作、4作がRITA賞の候補作に選ばれ、人気ヒストリカル・ロマンス作家としての地位を確立。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品