ジャン ド ブリュノフ

人物・団体ページへ

おうさまババール 3 評論社の児童図書館・絵本の部屋

ジャン ド ブリュノフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566000025
ISBN 10 : 4566000028
フォーマット
出版社
発行年月
1978年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,48p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    ジャン・ド・ブリュノフ作(文も絵も)、矢川澄子訳。ブリュノフはこのシリーズ以外は知らないが、1931年に第1巻が刊行されてから続刊は実に50冊に及ぶそうだ。本書は日本語訳のシリーズでは第3巻目。別のところでは目にしていたが、絵本は初めて。絵は想像していたよりも色彩感に乏しい。しかし、造型的には個性的であり、長年にわたって(しかも各国で)人気を博してきたのも故なしとしない。お話は、よくいえば奔放な構成。その発想の飛躍するところがまた魅力なのかもしれない。

  • yomineko@猫と共に生きる さん

    読み友様からのご紹介本です📙前に読んだポケット版の正規版らしく、お話が詳しかった。ババールが王様なら何が起こっても大丈夫で平和な国。最後は象の天使が大量に暑苦しく飛んできたけど(笑)可愛かった🐘🐘🐘

  • ふじ さん

    3作目。ババール王が国に帰ってからのお話。王都を建設し、みな仕事を持って、子ども達はおばあさんの指導のもと学校に通うように。ぞうの国も随分と都市化が図られました。最後を除き平和なお話で、平和主義の息子は好きだったようです。建築物も好きだしね。

  • ツキノ さん

    2日かけて読了。ババール、都をつくる決断。そしてまちづくり。皆がたのしくくらしはじめたところへ大事件が2つも!ババールのみた夢が象徴的。

  • 紅花 さん

    1作目から読みたいと思ったけど、図書館に無く仕方なく3作目から。とにかく長い!!息子は面白いと言ったけど、娘はまぁまぁ。お話の内容としては、幼児から低学年には素直に受け止められそうだけど、その割には長いし、幸せの時間の内容が多すぎるし、不幸はなんだか簡単に終わるし、お話に慣れていない子には、最後まで付いてくるかどうか?という感じ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品