神は狂信的か 現代の悪についての省察 叢書・ウニベルシタス

ジャン・ダニエル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784588006883
ISBN 10 : 4588006886
フォーマット
出版社
発行年月
2000年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,206p

内容詳細

“神”なき人間が国家・民族・人種を神格化し、戦争・革命…と20世紀を大量殺戮の時代に仕立てあげた。人間が犯す悪の問題を近代の歴史全体のなかで分析し、“無信仰”の立場から、真の宗教心・生の意味を探る省察録。

目次 : 第1章 信仰なき者の中の最も敬虔な者/ 第2章 コルドバからマジョルカへ/ 第3章 伝統の策略と巻き返し/ 第4章 ジッド、アンティゴネと絶対の誘惑/ 第5章 “神”に選ばれることの恍惚と苦役/ 第6章 ムルソー、ムイシュキンと無垢の強迫観念/ 第7章 プロメテウス幻想の終わり/ 第8章 問いかけと聖なるもののあいだで

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 若い脳 さん

    破壊されたものを論理的に再構築する手間が生じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品