ジャック・ロンドン

人物・団体ページへ

マーティン・イーデン エクス・リブリス・クラシックス

ジャック・ロンドン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784560099117
ISBN 10 : 4560099111
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
480p;20

内容詳細

作家を目指す若者の闘いを描いた二十世紀小説の傑作。二十世紀初めのアメリカ西海岸オークランド。労働者地区で生まれ育ったマーティン・イーデンは、船乗りとなり荒っぽい生活を送っていたが、上流階級の女性ルースに出会い、その美しさと知性に惹かれるとともに文学への関心に目覚める。生活をあらため、図書館で多くの本を読み、文法を学んだマーティンは作家を志し、海上での体験、小説や詩を書いて新聞や雑誌に送るが一向に売れず、人生の真実をとらえたと思った作品はルースにも理解されない。生活は困窮、絶望にかられ文学を諦めかけたとき、彼の運命は一転する。『野性の呼び声』で世界的名声を獲得したジャック・ロンドンが、自らの体験をもとに書き上げた自伝的小説。労働者階級に生まれ、独学で自己向上を目指す若者の苦闘、その栄光と悲劇を圧倒的な熱量で描いて、多くの読者の心を揺さぶり続けてきた名作。

【著者紹介】
ジャック・ロンドン : 1876‐1916。アメリカの作家。サンフランシスコで生まれる。家計を助けるため少年時代から新聞配達や缶詰工場で働き、牡蛎泥棒で悪名を馳せた後、アザラシ猟の船に乗り込み、浮浪者となり全米を放浪、ゴールドラッシュに沸くアラスカにも赴いた。やがて短篇や詩、記事、評論などの投稿を始め、『野性の呼び声』(1903)で一躍流行作家となる。アラスカや南洋を舞台にした作品、動物小説、社会小説、ボクシング物、SF、幻想小説、ルポルタージュなど、多彩な作品で世界的名声を得た。創作、旅行、農園経営と精力的な活動を続けたが、長年の過労と大酒で健康を害し、1916年に尿毒症と鎮痛剤モルヒネの過剰摂取により死去

辻井栄滋 : 1944年、京都府生まれ。現在、立命館大学名誉教授。日本ジャック・ロンドン協会名誉会長。1986年、ジャック・ロンドン・マン・オブ・ザ・イヤー賞受賞。2004年、文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 春ドーナツ さん

    評伝によるとおんぼろ船(誇張抜きのマジな話です)で南洋航海している間に毎朝千文字せっせと原稿を書いていたそうだ。読みながら、深く考えたことは、小説家に対する認識の変化について。職業としなくても、実際に小説を綴り始めた時点で、その人は小説家なのだ、というとてもシンプルなことだ。世間に認められなくても、文筆せずにはいられないのだ。実際に一文字も記さなかったとしても、私たちには物語が必要なのだということ。後半にポッと出てくる(そして速やかに退場する)詩人(と一応説明しておこう)が痛烈な皮肉でもって教えてくれる。

  • Kensuke さん

    船乗りとして世界中を放浪しながら働く生活をしていた労働者階級の二十歳の若者マーティン・イーデンがひょんなことから上流階級の娘に恋をして学問・文学に目覚め作家を目指すジャック・ロンドンの自伝的物語。上流階級や学問に対する愚直なまでの羨望やルースへの恋心など物語序盤から主人公マーティンのパッションの揺らぎがジャック・ロンドンの紡ぎだす文章を通じてビンビンに読者に伝わり圧倒される。中盤以降は上流階級への落胆や知識人たちへの疑心など悩み多き展開へ。マーティンが最後まで苦悩しながらも自分の持つ美意識を(続く)

  • jugemu さん

    『野生の呼び声』を読み間違いしていたようで、ロジェ・グルニエの指摘「ある犬の物語を通じて、自伝を書き上げた唯一の作家ではないのか」(『ユリシーズの涙』)を教わったが、それでも拘りが解けないので自伝小説とされる分厚い本書を手にした。1909年に雑誌連載が終わった長編小説で、ブルジョアとプロレタリアの社会階層対立を背景とし、そのプロレタリアに属する荒くれ青年があることから触発されて作家を志望し短期間に成功を収める物語だが、もはやその時代背景は古すぎ、話も長すぎる。急激な成功後の自己破壊に耽美する歳でもない。

  • kazi さん

    大満足した。ジャックロンドンの自伝的小説。労働階級の青年がブルジョワのお嬢様に懸想したのを機に、文学による成り上がりを目指す。挑戦、成功、そして自滅。ありがちな話だがジャックロンドンのソリッドな文体にガツンとやられた。

  • モーラ さん

    今から110年前に発表された古い長篇小説で聞きなれない書名だしまったく期待していませんでした。ところがうれしい誤算。時代性など吹き飛ばすくらいの個性派主人公マーティン青年の波瀾万丈の活躍がふんだんに描かれていて強い共感を覚えました。新訳ではありませんが最近感動していない諸氏にはとくにお勧めの逸品ですぞ ★★★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品