女に生まれてモヤってる! 本当は「自分らしく」いたいだけなのに

ジェーン・スー / 中野信子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093887076
ISBN 10 : 4093887071
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
252p;19

内容詳細

女の損は見えづらい

 生き方が多様化し、女性としてのライフスタイルに「正解」や「ゴール」がない今、私たちはどのような道を選択すれば、心地よく生きられるのか。コラムニストのジェーン・スー氏と脳科学者の中野信子氏が、これからの女性の生き方を対談形式で語り合います。

【一章】「女らしさ」は誰のため?
  −「女らしさ」とは自己決定権を手放すこと 
  −メイクや服は女ウケを狙ったほうがコスパがいい 他
【二章】敵と味方とルールを再検証する
  −「女同士はわかり合える」という一枚岩幻想
  −新自由主義の流れでカオス社会が爆誕    他
【三章】恋愛と結婚、私たちの戦略
  −自分よりも能力が高い人を好きになるという通過儀礼 
  −パートナーはまっとうに生きるための漬物石 他 
【四章】なぜ女は自信を持ちづらいのか? 
  −男は女よりも自信を持ちやすい 
  −依存相手は都合のいいスクリーン   他
【五章】いつか結婚も出産もレジャーになる
    −妊娠・出産をアウトソーシングする未来 
    −私たちが本当に後世に残したほうがいいもの 他
【六章】ジャストフィットな生き方は自分で決める
     −男社会で設定されたゴールがすべてじゃない
     −今の選択が正しかったと思えるように   他


【著者紹介】
ジェーン・スー : 1973年、東京生まれの日本人。作詞家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ。TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』のMCを務める。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎文庫)で第31回講談社エッセイ賞を受賞

中野信子 : 1975年、東京都生まれ。脳科学者。医学博士。横浜市立大学客員准教授。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所ニューロスピンで研究員として勤務後、脳科学についての研究と執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Mi さん

    結婚して旦那以外の男性からの目線が気にならなくなっていたことに気づいた。他者から女性として見られなくなったということだと思う。 不倫しない限り男性を性の対象として見なくてよくなった。万歳。 一人間として性別関係なく自分らしく生きていけるような気がした。

  • みさと さん

    後半の、地質年代から見た地球の話がめちゃくちゃ面白かった!ほんとに人間って一瞬の存在なんやなって感じ。すごい大きい?広い?目線ですべてを見ることができるようになる。

  • nadami30 さん

    表題通り、女としての生き辛さを語る中野さんとジェーンスー。 苦しみや固定観念は自分の内からこみ上げてくるもので、結婚や女性観を強要されたことのないわたしにとっては共感できない部分があった。 獲物にされない、相手にされないクリーチャーでいることがしっくりくる自分としては、物申す女性の呪縛みたいなのは全然分からない。

  • うにみ さん

    女であることによって強いられるルールに適応できずもやっている女性に向けたエールの本。各所各所に刺さる言葉が散りばめられていて、人生の参考書にしたいくらい為になりました。一読しただけでは味わいきれない深みがあります。何度も読み返したい。本書に書かれているように、社会規範としてこうであるべきだからという理由で、自分自身の可能性に蓋をしないで、自分を信じたいなと思いました。

  • はなえ さん

    女性であることで周囲から(悪意なく!)刷り込まれ続けた社会規範。その社会規範と自分が自分であることとの相性が悪く、苦しんできたことに気づいた。もっと言うと苦しんでいることにも気づいていなかった。ただ漠然と生きづらさを感じていた。スーさんの本は私の中のモヤモヤした何かを丁寧に言語化して意識させてくれる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品