ジェレミー・マーサー

人物・団体ページへ

シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々 河出文庫

ジェレミー・マーサー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309467146
ISBN 10 : 4309467148
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
381p;15

内容詳細

パリ左岸にある、ジョイスの『ユリシーズ』を生み出した伝説の書店、シェイクスピア・アンド・カンパニー。貧しい作家や詩人たちに食事とベッドを提供していた二代目の店に、偶然住み着くこととなった元新聞記者が、風変わりな店主や居候たちと過ごしたドキュメント。文学と恋と人生をめぐる、本好きにはこたえられない奇跡の書店の物語。

【著者紹介】
ジェレミー・マーサー著 : 1971年、カナダ、オタワ生まれの作家、ジャーナリスト。元「オタワ・シティズン」紙記者

市川恵里 : 早稲田大学第一文学部英文学専修卒。編集者を経て翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • niisun さん

    イーサン・ホークとジュリー・デルピー主演の『恋人までの距離』の続編『ビフォア・サンセット』で2人が再会する書店が“シェイクスピア&カンパニー書店”。あと『ミッドナイト・インパリ』で主演のオーウェン・ウィルソが書店に立ち寄る場面もありますね。映画の話ばかりで恐縮ですが、まあ、そのくらいパリでは有名な書店。本を売るだけでなく、ふらっと立ち寄った作家志望の若者達にベッドと食事を提供する一風変わった書店に実際に住み込んだ著者の回想録。モラトリアムエッセイのようでもあり、書店歴史を刻む貴重な資料の様でもありますね。

  • naotan さん

    訳者あとがきによると、イギリス版のタイトルは『本とバゲットと南京虫』。こっちの方がしっくりくるかもしれない。よくもこんな奇跡のような書店を作り出せたと思う。面白かった。

  • mntmt さん

    人生で迷子になった物書きたちを救う本屋。誰もがそこに迷い込むわけではないので、やはり、そこは、"縁"なのだと思う。

  • タイコウチ さん

    カナダ人の元ジャーナリストが訳ありで命からがらたどり着いたパリの書店は、「書店を装った社会主義的ユートピア」で、伝説の「流れ者ホテル」だった。毎日1冊の読書が義務なのだとか。滞在したのはほんの数ヶ月なのに、多国籍な若者たちと80代半ばの頑固な店主の物語は数年にわたる物語のようだ。ずっと昔の話のように思えるが、実はほんの20年前の話。後半に思いがけず大好きなジョン・アーヴィングの「オウエンのために祈りを」への言及があり、おっ!と思うが、あの長大な物語に関する壮大なネタばれになっていて、これでいいのか(笑)。

  • belle さん

    セーヌ川沿いに並ぶ露店の本屋たち。初めてパリを訪れた時、エッフェル塔や凱旋門よりそちらが気になった。遠い日の記憶。さて本書。ドキュメントだが小説のようにも読める。著者は国を逃れ、たどり着いた先が伝説の本屋だった。店は清潔とはほど遠く、あちこちに置かれたベッドと虫。圧倒的な量の本。この書店を訪れたことはまだないが、今は三代目の経営となり、店内は整頓されクレジットカードも使えるようだ。タイムリーなことにテレビでもシェイクスピア&カンパニー書店が紹介された。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品