バット・ビューティフル

ジェフ・ダイヤー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784105063115
ISBN 10 : 4105063111
フォーマット
出版社
発行年月
2011年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
281p;20

商品説明

その音色にはとてもシンプルな名前がついている。ジャズ。伝説のミュージシャンたちの悲しくも美しい人生を小説化。

酒、ドラッグ、そして自らの音楽に蝕まれていくミュージシャンたち。悲しみと孤独に満たされた彼らの人生には、それでも美しいジャズの音色があった――。モンク、エリントン、ミンガスら、伝説のジャズ・プレイヤーのショート・ストーリーを村上春樹が完全翻訳。巨人たちの音楽が鳴り響く、サマセット・モーム賞受賞作。

内容詳細

レスターは上官の罵声を浴び、モンクは警棒を振り下ろされ、ミンガスは破壊することをやめない。酒、ドラッグ、哀しみの歴史に傷つき、自ら迷路をさまようミュージシャンたち。しかし彼らの人生には、それでも美しいジャズの響きがあった―伝説的プレイヤーの姿を、想像力と自由な文体で即興変奏する、ジャズを描いた8つの物語。サマセット・モーム賞受賞作。

【著者紹介】
ジェフ・ダイヤー著 : 1958年、英国南西部のチェルトナム生まれ。オックスフォード大学で英文学を学び、80年代前半からジャーナリストとして活動を始める。1987年、ブッカー賞作家ジョン・バージャーを考察した『Ways of Telling:Work of John Berger』を刊行、以後作家・批評家として先鋭的な小説やノンフィクションを数多く発表する。1997年、D・H・ローレンスを描いた『Out of Sheer Rage:In the Shadow of D.H.Lawrence』が全米批評家協会賞小説部門の最終候補作に、また2006年にはE・M・フォースター賞を受賞。『バット・ビューティフル』(1991)は1992年度のサマセット・モーム賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ソラ さん

    麻薬とアルコールに耽溺し、追い立てられるようにギグをこなす。昼と夜の境は曖昧になり、生き馬の目を抜くかの如くライバル達のプレイに目を光らせる。誰もが憧れた人になろうとして、生きてきた過程、未だ見えぬ何かを求め、息を吹き、指を叩きつける。そこから飛び出してくる一音一音は、彼の命が流れ出して行く悲しみと、放たれた歓喜に彩られ、背反する意思を抑えつけながら漂う。居場所を求めて、彷徨いながら、誰かの許へと辿り着けるのか。そこから何かの感情が湧きあがるのか。答えは求めていない。現実と虚構の先に浮かぶ真実の姿

  • jahmatsu さん

    全く期待せずにパラパラ読み出したら、これが面白い。登場する王道ジャズメンを久々に聴きながら、いいリズム感の展開。ミュージシャン伝記のエディット版とでもいった感じでしょうか? 春樹氏も翻訳でイイ仕事してる。ほぼ皆さんこれでもかと、お酒とお薬はもりもりマストで笑、そしてバド・パウエルで泣く。

  • 抹茶モナカ さん

    ジャズ関連本なので、読んでみた。不思議な本だ。評伝でも、伝記でもない。ジャズ・ジャイアントについて、逸話にあれこれ肉付けして短編小説みたいになっている。その後に、かなり重厚なあとがき付き。ジャズ・ジャイアントについて、まだ不勉強なので、どの逸話がどれだけ有名か、判別できない自分がもどかしい。翻訳者の村上春樹さんは、読むのを止められなかったようだけど、一度、途中から違う本を読んだので、やはり、ジャズへの思いで、この本の読み方も変わるのかもしれない。本文は読みやすくて、乗りやすい文体になっている。

  • 風眠 さん

    最近のジャズミュージシャンにはこういう武勇伝とか逸話は無いなぁ、確かに。真面目だし、きっちり練習するし、お酒も煙草もやらない、もちろん薬もやらない、女遊びもしない。だから往年のジャズミュージシャンの暴れん坊ぶりを読むと、そうそうミュージシャンはこうでなくちゃね、なんて思ったりする。はちゃめちゃな彼らは傍目にはとても魅力的だが、近くにいた人達は大変だったろうな…とも思う。村上春樹氏のおしゃれな訳が、破天荒で暴れん坊なミュージシャン達をいっそう魅力的にしている。ジャズ好きも、そうでない人にも、お勧めしたい本。

  • ポルコ さん

    とても長い詩を読んでるような小説だった。味わい深すぎて読み終わるまで時間がかかった。どのページを開いても音楽を聴いてるように心地よいので、いつの日かまたペラペラと気持ちよく読もうかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:さん