ジェイソン・シュライアー

人物・団体ページへ

血と汗とピクセル 大ヒットゲーム開発者たちの激戦記

ジェイソン・シュライアー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909688019
ISBN 10 : 4909688013
フォーマット
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
395p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • K さん

    ゲーム開発の話。紹介されてたゲームではアンチャーテッド4はプレイした。ひたすら「おもしれー!」って思いながらプレイしただけだけど、こんなに苦労があったとは…。感謝!

  • nobu23 さん

    海外の大作ゲームを中心に、完成させるまでの紆余曲折を描いた作品。残業で死にそうになるほど働く、クランチというワードが大量に出てくる

  • Jagrass03 さん

    取り上げられているゲームはアンチャーテッド4とドラゴンエイジ:インクイジションくらいしかまともにクリアしていないが、全てのゲームの章が面白くて一気に読んだ。まさかのカイロソフトが登場して驚いた。

  • HU さん

    めっちゃおもろかった! PS2までしかゲームやってない自分でも楽しく読めた。ゲーマーを自負する人なら必読かと。 個人的には昔好きだったバルダーズゲートの名前が何度か出てきて嬉しかった。 この本を読んでわかったのは、名作と呼ばれる作品は「絶対に最高にするんだ!」という狂気に片足突っ込んだくらいの情熱と執着が無いと生まれないのですな。 あとクランチというデスマーチのようなシーンが何度も出て来るんだけど、これが基本残業代無しというのがかなり意外だった。マジかよ日本のブラック企業かよ、と。 

  • みんみん さん

    世界的にヒットしたゲームの製作裏話。何年間もかけて個人で製作するのは凄いが、無収入の間、それを支え続けるパートナーも凄い。欧米の企業は日本よりもホワイトだと思っていたが、ゲーム開発会社に関してはそれは当てはまらず、世界中どこも発売が近づいてくるとブラックそのもので、挙げ句の果てには発売前に中止になって全社員解雇とか壮絶な話が載っています。想像以上で興味深い話でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品