シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

室内楽作品集 グリンゴルツ、グリンゴルツ四重奏団、コウゾフ、ラウル(5CD)

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ONYX4097
組み枚数
:
5
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

イリヤ・グリンゴルツと仲間たち
シューマンの室内楽作品集ボックス!


1998年のパガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールを16歳という若さで制覇したロシアの天才ヴァイオリニスト、イリヤ・グリンゴルツ。名パートナー、ペーター・ラウル、自身が主宰するグリンゴルツ・クヮルテットと共にオニックス(Onyx)にレコーディングを行ったシューマンの室内楽作品集がボックス・セットで登場。グリンゴルツと仲間たちが、ロベルト・シューマンの室内楽とその精神の内面を精妙に描いています。
 ヴァイオリン・ソナタ第1番と第2番は、1951年に作曲、「F.A.E.ソナタ」に2つの楽章を加え、迫りくる死を目前とした1953年に完成させた第3番。この3つのヴァイオリン・ソナタは、精神障害に侵され苦しみながらも筆を手放すことなく作曲を続けたシューマン晩年の代表作です。
 ピアノ三重奏曲は1847年から1851年までの4年間で作曲。妻クララへのバースデー・プレゼントとなった「第1番」、より自由なスタイルを持ち創作意欲にあふれた「第2番」、デュッセルドルフのライン川に投身自殺を計る2年前に作曲された「第3番」。4年間という短い期間で作曲された3つのピアノ三重奏曲は、シューマンの内側に存在する喜怒哀楽や苦悩が表現されたドイツ・ロマン派室内楽の名作です。サンクトペテルブルクを故郷とするグリンゴルツ、ラウル、コウゾフのロシアン・トリオが、1つ1つの音符に込められたシューマンの感情を解き放ちます。
 弦楽四重奏曲集、ピアノ五重奏曲では、2008年にドイツのシュロス・エルマウ(エルマウ城)で結成され、チューリヒをベースとして活躍するグリンゴルツ・クァルテットが演奏。グリンゴルツを筆頭に、チューリヒ歌劇場管のソロ・チェロ奏者ヘルマンや、イタリアの銘器カミロ・カミリ(1733年頃)を手にするクルティキャン、バーゼル音楽院のヴィオラ科教授シモネスクなど、第一線で活躍を続ける名手たちが集う若き強力アンサンブルです。(東京エムプラス)

【収録情報】
シューマン:室内楽作品集
・ヴァイオリン・ソナタ第1番イ短調 Op.105
・ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調 Op.121
・ヴァイオリン・ソナタ第3番イ短調 WoO.27
・ピアノ三重奏曲第1番ニ短調 Op.63*
・ピアノ三重奏曲第2番ヘ長調 Op.80*
・ピアノ三重奏曲第3番ト短調 Op.110*
・弦楽四重奏曲第1番イ短調 Op.41-1
・弦楽四重奏曲第2番ヘ長調 Op.41-2
・弦楽四重奏曲第3番イ長調 Op.41-3
・ピアノ五重奏曲変ホ長調 Op.44

 イリヤ・グリンゴルツ(ヴァイオリン)
 グリンゴルツ・クヮルテット
  イリヤ・グリンゴルツ(ヴァイオリン)
  アナヒット・クルティキャン(ヴァイオリン
  シルヴィア・シモネスク(ヴィオラ)
  クラウディウス・ヘルマン(チェロ)
 ドミトリー・コウゾフ(チェロ)*
 ペーター・ラウル(ピアノ)

 録音:
 2009年11月23,24日、クリア・スタジオ(スコットランド)
 2010年6月4-7日、2011年3月5-9日、4月4-7日、福音ルーテル聖カタリナ教会(サンクトペテルブルク)
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. I. Mit Leidenschaftlichem Ausdruck - Ilya Gringolts/Peter Laul
  • 02. II. Allegretto - Ilya Gringolts/Peter Laul
  • 03. III. Lebhaft - Ilya Gringolts/Peter Laul
  • 04. I. Ziemlich Langsam - Lebhaft - Ilya Gringolts/Peter Laul
  • 05. II. Sehr Lebhaft - Ilya Gringolts/Peter Laul
  • 06. III. Leise, Einfach - Ilya Gringolts/Peter Laul
  • 07. IV. Bewegt - Ilya Gringolts/Peter Laul
  • 08. I. Ziemlich Langsam - Lebhaft - Ilya Gringolts/Peter Laul
  • 09. II. Lebhaft - Ilya Gringolts/Peter Laul
  • 10. III. Intermezzo: Bewegt, Doch Nicht Zu Schnell - Ilya Gringolts/Peter Laul
  • 11. IV. Finale: Markiertes, Ziemlich Lebhaftes Tempo - Ilya Gringolts/Peter Laul

ディスク   2

  • 01. I. Mit Energie Und Leidenschaft - Various Performers
  • 02. II. Lebhaft, Doch Nicht Zu Rasch - Various Performers
  • 03. III. Langsam, Mit Inniger Empfindung - Various Performers
  • 04. IV. Mit Feuer - Various Performers
  • 05. I. Sehr Lebhaft - Various Performers
  • 06. II. Mit Innigem Ausdruck - Various Performers
  • 07. III. in Miger Bewegung - Various Performers
  • 08. IV. Nicht Zu Rasch - Various Performers

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品