CD 輸入盤

ヴァイオリン・ソナタ第1番、第2番、第3番 テツラフ、フォークト

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ODE1205
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

シューマン:ヴァイオリン・ソナタ集
テツラフ、フォークト


【収録情報】
シューマン:
1. ヴァイオリン・ソナタ第1番イ短調 Op.105
2. ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調 Op.121
3. ヴァイオリン・ソナタ第3番イ短調 Wo02

 クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)
 ラルス・フォークト(ピアノ)

 録音時期:2011年6月27-30日(2)、2012年4月23-25日(1,3)
 録音場所:ブレーメン、ゼンデザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品