CD 輸入盤

シューマン:ピアノ独奏作品全集 エリック・ル・サージュ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALPHA813
組み枚数
:
13
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
作曲家の生涯を知り、また譜面を見るにつけ...

投稿日:2019/04/16 (火)

作曲家の生涯を知り、また譜面を見るにつけ、シューマンの作品には、程度の差こそあれ、狂気、熱狂、というものが内包されているとどうしても思ってしまうのだが、この全集はそのような一面的な素人的な感想からは無縁な、非常に俯瞰的で大局的とも言える美しい演奏の集成である。しかしそれでもやはり自分がシューマンの音楽に求めるものとは少しだけ違うと言わざるを得ない。

S さん | 熊本県 | 不明

0
★
★
★
★
★
 ありそうでなかなかないシューマン・ピア...

投稿日:2017/06/04 (日)

 ありそうでなかなかないシューマン・ピアノ独奏曲の全集。どの曲も明晰にくっきりした演奏で聴きやすい。思いつめすぎた感じはないので、思索的な趣を求める方には物足りないないかもしれないが、これだけの質を13枚のディスク全体で貫いていることはすごい。何より、シューマンのピアノ独奏曲においてその全貌を俯瞰できる価値ある全集。有名曲なら銘盤数あれど、全集のかたちでここまで高品質で安心して聴けるのはありがたい。一気にまとめて聴くのはきついから、これからも(本や詩集のように)気分にあわせて気ままにページを開くような聴き方をしてみたい。その方がシューマンの音楽には合っている気がする。

うーつん さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
シューマンは聴いていて、そのリフレインに...

投稿日:2013/12/21 (土)

シューマンは聴いていて、そのリフレインに強く個性を感じる作曲家なのですが、この全集はすばらしいテクニックと集中力で感心いたしました。ダイナミクスのレンジも鮮やかで単調にならず表現力も豊かで聴き惚れします。皆様の絶賛もごもっとも思います。録音はデジタルの利点を生かした美しい仕上がりですが、もう少しオンで捉えてもよいのではと思います。より、リアルになって、演奏者の上手さもひきたちます。 これは特選盤です。

レオブルー さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品