シュトックハウゼン(1928-2007)

人物・団体ページへ

CD

Klavierstucke, 1-11, Mikrophonie, 1, 2: Aloys Kontarsky(P)Etc

シュトックハウゼン(1928-2007)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC1223
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

兄弟でのピアノ・デュオも有名な現代音楽のスペシャリスト、コンタルスキーの演奏によるピアノ作品集。前衛音楽の旗手として鳴らした作曲家、シュトックハウゼンの初期を代表する楽曲を収めた、名盤として高い評価を得ていたアルバムだ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
ミクロフォニは全集と同音源です。シュトッ...

投稿日:2010/02/16 (火)

ミクロフォニは全集と同音源です。シュトックハウゼン公認と言っていいでしょう。全集は高いとお感じの方にはお買い得でしょう。ピアノ曲はヴァンバッハ盤が出た時の当惑=コンタルスキー盤(本CD)はどうなるのか?と思いましたが、めでたくCDになりました。ポリーニにもピアノ曲集を録音してほしかったと思いますが、本CDの演奏・録音も決して負けてません。

101 さん | 奈良県 | 不明

0
★
★
★
★
★
先日店頭にて購入、聴いてみて、素晴らしさ...

投稿日:2010/01/26 (火)

先日店頭にて購入、聴いてみて、素晴らしさに感動しました。一緒に買った「HIMMELS-TUR」も好かったです。コンタルスキーは巧みに弾いていますね。「ミクロフォニー」も今なお、あせぬ魅力があり、ワンダフルです。シュトックハウゼン全集もかなり所持していますが、いつ聴いてもワンダーがありますね。

緑川虫太郎 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
これはこの曲集の決定版です。かつてLPで...

投稿日:2007/10/07 (日)

これはこの曲集の決定版です。かつてLPで出ていた時は詳細な解説(譜面付)でよく各曲の譜面指示の意味やシュトックハウゼンの取り組み姿勢の変化も良くわかったものでした。そういった解説がつけばもっと面白くなるはずです。コンタルスキーの緻密な演奏に感動します。かつて芸術祭参加で確か賞もとっていたと思います。シュトックハウゼン来日で沸いていたあの頃を思い出します。

T.G. さん | Tokyo | 不明

1

シュトックハウゼン(1928-2007)に関連するトピックス

おすすめの商品