ロングトレイルはじめました。 山や街道を何日も歩いて旅をする

シェルパ斉藤

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416314005
ISBN 10 : 4416314000
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
191p;21

内容詳細

さあ、第一歩を踏み出そう!自然と人と風土に出会い、そして、自分自身に出会う。何て豊かな旅なんだろう!

目次 : 第1章 ロングトレイルとの出合い/ 第2章 いざアメリカのロングトレイルへ/ 第3章 日本のロングトレイルの歩き方/ 第4章 必要なギア&使い方/ 第5章 歩く前に準備しよう/ 第6章 おすすめコースガイド

【著者紹介】
シェルパ斉藤 : 1961年3月生まれ。八ヶ岳山麓で自己完結型の田舎暮らしを楽しむ紀行作家。トレイルの名がつく日本のルートを最も多く歩いているバックパッカーであり、年に1度のペースで海外のロングトレイルも旅している。日本ロングトレイル協議会のアドバイザーも努め、講演やラジオ、テレビ出演などでロングトレイルを旅する魅力を伝え続けている

根津貴央 : 1976年栃木県生まれ。大学卒業後、広告代理店を経て人材ビジネスを展開する企業にコピーライターとして入社。11年半にわたり求人広告制作に携わったのち、ライターとして独立。現在アウトドア関連の雑誌を中心に執筆を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • チェリ さん

    根室ランチウェイを歩きたくて読んでみた。押しつけがましいところは一切無くフレンドリーな本だった。著者は、百名山制覇だとか「より高い山へ」とは考えない人だ。旅という広い視野をもち、孤独も他者交流もひっくるめてロングトレイルを楽しんでいる。私は彼のそういう考え方に共感した。そして私も是非ロングトレイルをはじめたいと思う。まずは根室ランチウェイから。

  • アビ太郎 さん

    海外のロングトレイルでの行動食として、ピーナッツバターが出てきた。 ピーナッツバターの瓶から直接スプーンで食べるそうです。 ロングトレイルはしてませんが、ピーナッツバターを直喰いはやってみたいなと思いました。

  • run さん

    「はじめました」シリーズのひとつ。さらっと読めて、雰囲気を楽しめました。満面の笑みの写真がたくさんで、すっごく楽しそう。身軽でいいなぁ。

  • みい さん

    アメリカのロングトレイルかぁ。半年の旅、楽しいだろうな。写真あり具体的な持ち物、心構えなどあり。旅に出たくなります。

  • りょう さん

    あたし、ミルフォードトラック、とか、グランドトラバースとかあるいたんだった。ロングトレイル好きなんだわ!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品