シェルドン・キャッシュダン

人物・団体ページへ

おとぎ話と魔女 隠された意味

シェルドン・キャッシュダン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784588490217
ISBN 10 : 4588490214
フォーマット
出版社
発行年月
2003年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,380,7p

内容詳細

おとぎ話は子どもが成長過程で出会う様々な心理的葛藤の投影にほかならない。本書では、有名無名の作品を心理学の視点から解釈し直し、人格形成をサポートする読み物としての「おとぎ話」の魅力を感動的に伝える。

【著者紹介】
シェルドン・キャッシュダン : マサチューセッツ大学アマースト校で心理学を講じる。1996年以降は同大学名誉教授

田口孝夫 : 1947年生まれ。東京教育大学大学院修士課程修了。1979‐80年ケンブリッジ大学留学。大妻女子大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 愛迷もこ. さん

    虚栄、大食、羨望、欺瞞、性欲、貪欲、怠惰。これらが入り組んだおとぎ話には、幼い子どもたちへの教訓を含んでいる。悪い魔女は自身の一部でもあり、それが退治されることで自分の中にある悪を克服していく。話の大元は同じでも版によっては細部が違ったり、意外と知らないおとぎ話がたくさんあって興味深かった。第12章のおとぎ話の未来で言及している、巡り変わる時代や文化が反映されたおとぎ話の姿は面白いと思う。

  • 紫乃メテウス さん

    12章「おとぎ話の未来」に“おとぎ話が発展するにつれて、おそらく、魔女を排除するよりも、魔女と和解することのほうが重要になるにちがいない”“魔女をただ消去するのではなく、魔女を進んで取り込もうとするほうが、よほど実り豊かな成長をもたらすのである”とある。この本は2003年に日本で出版されたものだが、まさに今、その予言が的中したかのようにディズニーが『アナと雪の女王』『マレフィセント』を世に送り出した。これからもどんどんおとぎ話は語りなおされてゆくのだろうなと思う。

  • poso さん

    訳者は「一般読者を対象とした教養書」と書いてあるが、まるで心理学(とくに児童心理学)の教科書のように感じた。『補遺一 おとぎ話を利用する』は幼稚園、小学校などでおとぎ話を読み聞かせする人には役立つと思う。

  • 烏松 さん

    グリム童話とか七つの大罪とか、精神分析方面からの。

  • なるとん さん

    タイトルの割にきちんと魔女を取り扱っていなかったのが非常に残念。また、隠された意味、というほど大層な解説もなかったように感じられたのも残念。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シェルドン・キャッシュダン

マサチューセッツ大学アマースト校で心理学を講じる。1996年以降は同大学名誉教授

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品