サーシャ・バッチャーニ

人物・団体ページへ

月下の犯罪 一九四五年三月、レヒニッツで起きたユダヤ人虐殺、そして或るハンガリー貴族の秘史 講談社選書メチエ

サーシャ・バッチャーニ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065168554
ISBN 10 : 4065168554
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
294p;19

内容詳細

終戦前夜に起きた「虐殺の晩餐会」事件―舞台はハンガリー貴族バッチャーニ家の居城でのパーティ。その主催者で「ヨーロッパで最も裕福な女性」と噂されていたドイツ人女性マルギットは、ジャーナリストである本書の著者サーシャの大伯母だった…。彼女の関与はあったのか?なかったのか?バッチャーニ家のタブーをめぐる著者の魂の遍歴が始まる。著者の心象風景と、積み重なっていく驚愕の事実。ドキュメンタリーとミステリーが同時進行するスリリングな展開。二〇一六年の出版直後から欧米の読書界を席捲した書、ついに待望の邦訳!

【著者紹介】
サーシャ・バッチャーニ : 1973年生まれ。チューリヒとマドリッドで社会学を修めたあと、チューリヒの日刊新聞『新チューリヒ新聞(Neue Z¨urcher Zeitung)』の記者、同じくチューリヒの『ターゲス・アンツァイガー(Tages‐Anzeiger)』の記者を務める。2015年よりワシントンDCで『ターゲス・アンツァイガー』などの特派員を務め、2018年より再びチューリヒ在住

伊東信宏 : 1960年生まれ。大阪大学大学院文学研究科教授。文学博士(大阪大学)。専門は、東欧の音楽史、民族音楽学。主な著書に、『バルトーク』(中公新書。吉田秀和賞)、『中東欧音楽の回路』(岩波書店。サントリー学芸賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • パトラッシュ さん

    ヒトラーとスターリンという二大独裁者に蹂躙されていた大戦下のハンガリーで自分の祖母がユダヤ人虐殺に関与していたとの疑惑を知ったジャーナリストが、わずかな手がかりから真相を追求する。そこで見えてきたのは、独裁政治と戦争に支配され正義の基準も狂っていた時代の姿だ。現代の物差しで過去を批判するのは簡単だが、大量殺人や民族浄化が当然だった世の中で「命を捨てても主張を貫けるのか」問いかけられる。今この瞬間にも世界中で政治的理由から多くの人びとが収監されるか処刑されているが、見て見ぬふりをするのは実に簡単なのだから。

  • tsubamihoko さん

    先日読んだ「サラの鍵」はフィクションだったが、これはノンフィクション。しかも、身内がユダヤ人の虐殺に関わっていたかもという話。表に出てこないだけで、第二次世界大戦中のヨーロッパには「レヒニッツの虐殺」のような出来事がたくさんあるのだろう。戦禍がひどかったポーランド等は、ホロスコートについて触れてはいけない雰囲気もあったわけで...。ヨーロッパの歴史の陰の部分をみたような気がした。

  • 刳森伸一 さん

    「レヒニッツの虐殺」と呼ばれる独ソ戦争下のユダヤ人虐殺事件に著者の大伯母が関わっていた可能性を知り、その事件について調査を始めるのだが…というノンフィクション。次第に大伯母の話はフェードアウトしていき、徐々に祖母とその友人であるユダヤ人女性との関係と、自分自身の持つ問題の話に移ってくる。「レヒニッツの虐殺」についてもう少し突っ込んで欲しかったが、推理小説仕立てで、ほぼ小説のように読める。

  • tei_kou さん

    Twitterで義憤に駆られてリツイートとかしてるけど、目の前の非道は通りすぎるよね、みたいな突きつけ方をしてくる本だった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

サーシャ・バッチャーニ

1973年生まれ。チューリヒとマドリッドで社会学を修めたあと、チューリヒの日刊新聞『新チューリヒ新聞(Neue Z¨urcher Zeitung)』の記者、同じくチューリヒの『ターゲス・アンツァイガー(Tages‐Anzeiger)』の記者を務める。2015年よりワシントンDCで『ターゲス・アンツァ

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品