サンドラ・ローレンス

人物・団体ページへ

魔女の樹 不思議の森の樹木事典

サンドラ・ローレンス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766138405
ISBN 10 : 4766138406
フォーマット
出版社
発行年月
2024年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208p;21

内容詳細

魔女の棲処とされる神秘の森に息づく樹木の秘密に迫ります。
伝承、迷信、薬や毒としても使われた樹木をはじめ、世界樹やクリスマスツリーなどシンボルとして愛される木の由来など、樹木にまつわるありとあらゆる物語。

【著者紹介】
サンドラ・ローレンス : ロンドン出身の作家兼ジャーナリスト。数冊の歴史書を上梓し、『マリ・クレール(Marie Claire)』や『カントリーライフ(Country Life)』などの雑誌にも寄稿している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    古代〜中世にかけて、大きな森は崇め奉られていました。産業革命に伴う森林破壊で様々なモノが失われ、森に対する意識が変わりました。 しかし定番のマンドラゴラが登場しなかったのが、不思議です。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000360.000084584.html

  • Hanna さん

    世界の民俗と樹木との関係がいろいろと。ようやく魔女が出てくる第9章では、「歴史的に、魔術はキリスト教の教会の敵として、実生活に入り込んだちゃちな悪党というイメージにつきまとわれてきました。」と記述。・・・「ちゃちな悪党」に思わず二度見( ̄▽ ̄;)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品