サミュエル・r・ディレーニ

人物・団体ページへ

ベータ2のバラッド 未来の文学

サミュエル・r・ディレーニ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336047397
ISBN 10 : 4336047391
フォーマット
出版社
発行年月
2006年05月
日本
追加情報
:
20cm,364p

内容詳細

アンソロジーはSFの華。SFに革命をもたらした〈ニュー・ウェーブSF〉の知られざる傑作を若島正が厳選。ディレイニーの幻の初期中篇からベイリーの異色作、エリスンの最高傑作までを収録。

【著者紹介】
サミュエル・R・ディレイニー : 1942年ニューヨーク生まれ。62年『アプターの宝石』でデビュー。該博な知識と詩的文体、多層的語りを駆使してメタファーに満ちた神話的作品を多数発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    「ベータ2のバラッド」主人公が鼻持ちならないけど、そんな主人公がバラッドの齟齬から導き出した事実に圧巻とさせられました。共感覚を持ち得る未知なるものとのファーストコンタクトはあの時は恐怖しかなかったけど、今は希望に溢れているのが救いでした。問題作な「四色問題」は政治の諜報活動、戦争、セックスという無関係な事柄は地球という図形の塊を四色に分けるという意味か?分からんぞ!「降誕祭前夜」はパラレルSFでスパイものなロマンスが切ない分、「プリティ・マギー・マネーアイズ」の男女間のロマンスの中にあるシビアさに絶句。

  • Saku さん

    はてさて、ニューウェーブとはなんぞや? というのが結局わからなかった。 この中では、表題作「ベータ2のバラッド」と「ハートフォード手稿」がちょっとミステリっぽくて好き。

  • 半殻肝 さん

    ミステリ要素も交えたスペースオペラであり、序盤の謎が判明する終盤の展開にSFのカタルシスが味わえるディレイニーの表題作。ワイドスクリーン・バロックばりにカマされるハッタリと目まぐるしい展開(いつの間にあんたセックスしてんの!?)で翻弄の極みに達する「四色問題」(バリントン.J.ベイリー)。スロットマシンに残る女の無念が一人の男を狂わせる様を、最高に刺激的な流れで読ませる「プリティー・マギー・マネーアイズ」(ハーラン・エリスン)の三編が強烈。ギャンブル!女!巨万の富!の三拍子には、やはり破滅こそが相応しい。

  • Yoshiyuki Kobuna さん

    正直、ニュー・ウェーヴを扱ったテーマアンソロジーとしてのチョイスには首を傾げたくなるものも無いではないが、表題作を読むことが出来ただけでも「編者の特権」とやらに感謝しておこうと思います。

  • G2 さん

    ジャケ買い。内容はともかく本棚に置いておきたい本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品