コンセプチュアル特殊メイク研究会

人物・団体ページへ

コンセプチュアル特殊メイク入門

コンセプチュアル特殊メイク研究会

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766117288
ISBN 10 : 476611728X
フォーマット
出版社
発行年月
2006年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26cm,135p

内容詳細

映画、テレビ、CM、ミュージックビデオ業界を担う若手特殊メイクアーティストが集結。15分でできる簡単傷メイクから本格映像向け特殊メイクまで、ステップ・バイ・ステップで丁寧にレクチャーする。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 更紗蝦 さん

    昔、野波浩の写真を初めて見た時、「モデルさんはどうやってこんな外見を作ってるんだろう?」と不思議に思ったのですが、なるほど、こんな風にメイクしていたんですね…! 50pのマスクのイメージコンセプトの「殺人鬼の手作り素人風マスク」という表現には、ちょっと笑ってしまいました。数年前にギャラリーで見たことのある球体関節人形は、手足にうっすらと血管が表現されていたのですが、あれはゾンビメイクの血管表現と同じテクニックが使われているのでしょうか?

  • 穂口 さん

    傷メイクは一般人でもできそう

  • へんかんへん さん

    ちょうどコンプレックスエイジって漫画読んで泣きそうになってたコスプレメインのシリアステイストな作品見たい

  • (*・ζ・ひまり*) さん

    A

  • ex-Emma. さん

    ジミー・ペイジが『チェッペリンの全ては1stに全てある』と言う言葉を言ってた事があるが、この本にも同様の事が言える。続刊は細部を解説はしているが基礎の部分ではこの本を読んでいないと出来ない事もあったりする。尚、同社が出版している“スチームパンク東方研究所”と互換性が存在し、このシリーズで解説されていないのはそちらで解説されていたりもする。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品