凪のお暇 6 A.L.C.DX

コナリミサト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784253156462
ISBN 10 : 4253156460
フォーマット
出版社
発売日
2019年09月13日
日本
追加情報
:
156p;19

内容詳細

季節がうつり、転職活動に動き出した凪。凪を見るたび、胸がしめつけられるゴン。そして、後輩・円と大接近する慎二。絡まり、もつれる関係は…?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しいたけ さん

    裏表のある母親に育てられるのは本当につらいのだろうな。私の母は、私を傷つけもしたけれど、全く裏のない人だった。疑うことなく私の味方になり、全力で私を守る。物語に母親が出てくると、どうしても子どもの頃の懐かしさに捉われる。ヒント「鯉のぼり」から「恋煩い」がわからない色男ゴンに絡めて言うならば、懐かしく思うのは「年の瀬イ」?下手くそかっ!

  • はな さん

    いよいよ苦手な母と向き合う覚悟を決めた凪。ビビりつつも周囲の人の後押しあって対面。でもやっぱり怖い…。そりゃそうだよね。親の顔色うかがいながらずっと生きてきたのだもの。涙目で「だれか」と願った、ここぞというところで、後ろから頭を「がっ」と鷲掴み我聞登場。この演出はやばいわー。次巻が待ちきれない。

  • どあら さん

    妹から借りて読了。ドラマが面白かったので、続きが更に楽しみになりました😆 コミックでも凪のお母さん、気持ち悪い…。

  • ベラ さん

    パラパラっと読み直し。凪母の吸引力より恐ろしいのは、凪の母の笑顔を引き出すために身に着けてしまったスキルの高さと無意識にそれをやってしまう条件反射みたいなやつ。母と接したとき、発作みたいにやっちゃうやつ。ペラペラくちから出てくる嘘(自分は思ってないこと、母が言って欲しがっていること)が止まらない〜。この先は、母と離れていくとき、ドラマのように慎二に助けられながらいくのかな。原作がどうなるのか楽しみで7巻が出るのが待ち遠しい!できたら長く続いてほしい!

  • あさひ.a さん

    吉永さん家のレイトショー素敵。豊かだし、優しい人だ。そして、ちょっと黒い。視姦て。決戦準備のドレス選びが楽しい。エリィさんの服選びのウンチク、リアルでめっちゃためになる。また、偽彼氏を親に紹介するという、恋愛系ジャンルではよく見る展開だが、モブレベルのキャラ抜擢ってのが斬新。そして、たまたまそこにいただけの桃園氏、ガチで仕事できる片鱗を見せ、かつ意外と面倒見がよく、人としてアリだと思ってしまった。戦に出る凪にエールを送る皆が優しい。そして…アレ?打者違くね?で次巻へ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コナリミサトに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド