グスタボ・メルカード

人物・団体ページへ

Filmmaker's Eye -映画のシーンに学ぶ構図と撮影術: 原則とその破り方

グスタボ・メルカード

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784862462138
ISBN 10 : 4862462138
フォーマット
出版社
発行年月
2013年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
185p;21X23

内容詳細

アメリのオドレイ・トトゥのキュートさを印象付けているのは何?
ダイ・ハードのハンス(アラン・リックマン)が、あれほど憎らしく見える理由は?

映画には、定番となった表現の原則があり、それを覆した印象的なショットがあります。

映像によるストーリーテリングをショットという観点から解説した「Filmmaker's Eye」は、75本を超える名画のショットを25のタイプ別に解説し、映像がどのようにしてストーリーを伝えるかを明らかにしています。この知識を応用することで、観客に届くストーリーテリングのための画面構成ができるようになります。

また、画面構成だけでなく、技術的な側面からの解説も加えられているため、ショット1つひとつに意味のある効果的な選択をし、その設計を映像として実現する基本知識が身につきます。

映画制作者であり、ニューヨーク市立大学で映画制作を教える教授でもある著者が、選りすぐりの名画からフルカラーの画像を使用して、以下の4つの観点から分析と解説を加えていきます:

−定番ルール: 各ショットタイプについて、そのショットの定義と、定番の用途を紹介
−実用例: 実際の作品を例にとり、ショットの各側面について、ショットを際立たせているもの、視覚上の原則、技術的な観点、映像制作テクニックをキャプションで解説
−技術的側面: 狙ったショットを可能にするために必要な、機材、技法、考慮すべき変動要素
−ルールを破る: ルールを覆し、独創的な表現とスタイルを実現したショットの例

■□推薦の言葉□■
この美しい書籍は、映画のエクスペリエンスを創り出す基本ショットの裏側を明らかにしている。映画作りに興味のある人も、すでに映画制作を経験しているプロにも、経験を問わず、ビジュアルの地平を大きく広げてくれる書籍だ。   ––– ブルース・ブロック
映画プロデューサー、「The Visual Story」著者、ビジュアルコンサルタント
参加作品:「ホリデイ」「恋愛適齢期」「スチュアート・リトル」ほか


本書は、「The Filmmaker's Eye: Learning (and Breaking) the Rules of Cinematic Composition」の日本語訳です。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 十一 さん

    言われてみれば当たり前だが、言われないと気付かない事もある

  • wasabi さん

    製作者向けの本だろうだけど「この場面はなぜこんなに心に残るんだろう」と思った時の追求する手助けになりそうで、映画好きに限らず読んどいて損はない。

  • こひた さん

    こういう本がほしくなるタイミングだった。

  • arnie ozawa さん

    実際の映画のシーンを取り上げながらシーン構成の基本・映画文法を解説した本。基本的には映画製作者に向けたもの(個々のショットに適正なレンズ選択とか)ではあるけれど、ショット、シーンの細かい意味とそれによってどのように鑑賞者が誘導されるのかがわかってくるので面白い。以後の映画鑑賞の密度が上がりそう。

  • no_hi さん

    本書を読み出したとき、たまたま、初めて一眼レフで結婚式のムービーを撮ることになり集中して読んだ。技術的には一眼レフ撮影と共通部分が多い。本書前半「構図の原則と技術面の概要(三分割法、ヒッチコックの法則、焦点距離、画角、被写界深度など)」が目安になる。本書で全般的な知識を得ることができる。ただ実際に撮影してわかったのは、現場で一つ一つ思い出している暇はないということ(笑)テニスの試合中にグリップはこうで…などと考えていられないのと同じで、iso調整、構図も、練習とイメトレで身体に染み込ませる必要がある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品