クープラン、フランソワ(1668-1733)

人物・団体ページへ

CD

恋の夜鳴きうぐいす〜クープラン:クラヴサン名曲集 / ボーモン(cem)

クープラン、フランソワ(1668-1733)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS21224
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

恋の夜鳴きうぐいす〜クープラン:クラヴサン名曲集 / ボーモン

フランス・バロックを代表する作曲家のひとりクープランは、クラヴサン(=チェンバロ)のために200余曲の小曲を残しました。そのいずれもが、フランスならではの洒脱さとエスプリに満ちた珠玉の作品です。当CDは、その中でも特に有名で優れた20曲を厳選し、醍醐味を満喫することができます。フランスの若手クラヴサン奏者を代表する存在であるボーモンによる才気に満ちた演奏はルイ15世時代の典雅を、現代に見事に再現します。

クープラン
1 波(第5組曲)
2 目覚まし時計(第4組曲)
3 お気に入り(愛妾)(第3組曲)
4 神秘的な障壁(第6組曲)
5 偉大にして古き吟遊詩人組合の年代記(第11組曲)
6 翻る飾りリボン(第9組曲)
7 パッサカーユ(第8組曲)
8 恋の夜鳴きうぐいす/夜鳴きうぐいすのドゥーブル(第14組曲)
9 シテール島のカリヨン(第14組曲)
10 葦(第13組曲)
11 フランスのフォリア
12 坊さんたちと尼さんたち(第19組曲)
13 尼さんたち(第19組曲)
14 修道女モニク(第18組曲)
15 ティク・トク・ショク(第18組曲)
16 ねんね、別名 ゆりかごの愛
17 小さな風車(第17組曲)
18 パントマイム(第26組曲)
19 編み物をする女たち(第23組曲)
20 アルルカン(第23組曲)
 オリヴィエ・ボーモン(クラヴサン)
 録音:1992-1994年

内容詳細

90年代にボーモンが完成させて高い評価を得たCD10枚からなる全集のダイジェスト盤ともいえる一枚。ライバルのルセが同時期にリリースしたものとは対照的なほどにダイナミックで躍動感のある演奏。近接ぎみのマイクセッティングも特徴をよく捉えている。(田)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フランスの作曲家、フランソア・クープラン...

投稿日:2013/10/10 (木)

フランスの作曲家、フランソア・クープラン(1668-1733)が亡くなって、280年の時が経ちました。 彼はクラヴサン(ハープシコード)の名手で、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ同様に一族が音楽家です。 偉大な業績からフランスのバッハと呼ばれることもあり、ヨハン・ゼバスティアン・バッハと交流があったとの説もあるそうです。  フランソア・クープランを偲んで、オリヴィエ・ボーモンの演奏でクラヴサンの名曲を聴きました。 クラヴサン名曲集 オリヴィエ・ボーモン(クラヴサン) 全集(CD全10枚)から、特に有名で優れた20曲を厳選。 この1枚を聴いて気に入ったら全集に手を伸ばすか、室内楽曲を楽しんで見てはいかがでしょうか。

neko3578 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
葦という曲を求めてこのCDにたどり着きまし...

投稿日:2011/08/07 (日)

葦という曲を求めてこのCDにたどり着きました。全体聴きやすくルイ15世の時代ですが、今現在でも人生のバックミュージックとして何の違和感もありません。食事、睡眠、目覚め、読書、四季折々・・今までの生い立ち、これからの人生・・どれも合いそうですね。

アッキ さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
エラートらしい惜しみなく有名曲を並べた選...

投稿日:2007/07/02 (月)

エラートらしい惜しみなく有名曲を並べた選集。ここにクープランの、そしてボーモンの醍醐味が凝集されており、これ一枚で既に宝石箱のよう。全集が売れなくなってしまうのではないかと心配してしまうほど。ボーモンについては既に語る余地はない。現時点でも最上位の演奏。シテール島のカリヨンなどは、余りにあっさり弾き過ぎていてやや拍子抜けもするが、全体としては上出来。クープランの入門と同時にベストなアルバムであることには間違いない!

グラシル さん | 埼玉県上尾市 | 不明

1

クープラン、フランソワ(1668-1733)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品