眠りをむさぼりすぎた男 世界探偵小説全集

クレーグ・ライス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336036803
ISBN 10 : 4336036802
フォーマット
出版社
発行年月
1995年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,288p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • harukawani さん

    『時計は三時に止まる』に続いて、クレイグ・ライスの長編を。自室で殺されている男を、全員がそれぞれの理由で隠し通そうとするが……。『時計〜』ほどのユーモアはなく、設定はコメディだが、漂うのは暗いサスペンスフルな雰囲気。最後のサプライズも良いが、何より登場人物たちの人柄と過去を見つめる著者の柔和な眼差しが良い。死んだ男が、その人生を通して抱えていた心情は、悲劇的で物哀しかった。傑作だと思う。

  • 葛井 基 さん

    ネタ自体はけっこうバレバレ。それより人間ドラマが泣ける。名探偵メルヴィル・フェアの、観察者というキャラクターもいい。

  • Jimmy さん

    マローンシリーズがドタバタユーモアで彩られているのに、トーンは結構ドライで暗いです。男が殺されているのを隠し通す、という一ネタでずっと通すので若干単調。結局はどう落とすのかのみの興味となりますが、ラストはなかなかのどんでん返し、見事です。

  • みい⇔みさまる@ずっとまるの姉 さん

    ☆×3.0…これは他名義のためユーモアは控えめです。一応ユーモア要素はありますがカーのようなドッキリ・ミステリーですね。本当ある事実なんかまるでドッキリなんですから。この作品はラストにすべてが凝縮されております。そう、どんでん返しが何度かやってくるのです。まあ、事件背景上これは推測できないわけではなかったのですが驚かされました。最後まで油断してはいけない1冊です。

  • kanamori さん

    ☆☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品