ゲナポッポ MOEのえほん

クリハラタカシ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592762768
ISBN 10 : 4592762762
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
追加情報
:
63p;22

内容詳細

絵本、漫画、イラストで幅広く活躍する著者の新作は、シュールな味わいに満ちた絵本。謎の生物「ゲナポッポ」の人智を超えた発想と行動、けれどもなんだか飄々としたたたずまい、その不思議な魅力に、誰もが惹かれることうけあい。読めば読むほどくせになる一冊です!


【著者紹介】
クリハラタカシ : 1977年東京都生まれ。マンガ、イラストレーション、絵本、アニメーションなどで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 煮豆 さん

    ゲナポッポとはこの表紙にいる白い生き物です。それがなんなのかはわからないけれど、カラフルな絵と不思議なお話で掴みどころがないところがゲナポッポなのかもしれない。マンガのように読み進める大人向けの絵本。

  • Odd-i さん

    ゲナポッポはドーナツの穴が大好き。もう1つの生き物ベナポッティはパンケーキの中心が大好物。ベナポッティが食べたパンケーキの穴を見つけたゲナポッポ大興奮!さっそくパンケーキの穴をいっただきまーす。 ある日ゲナポッポ昼寝をしすぎて干物になっちゃった。通りかかった冒険家が水筒の水をかけると、みるみるうちにゲナポッポ復活!! お礼にゲナポッポは山頂を……。それにしてもゲナポッポにとって人間ってめんどくさいね。人間はむずかしいね。ちょっと変わってるしね。もしかしてゲナポッポって……それはゲナポッポにも分からな〜い。

  • リラコ さん

    不思議すぎて出会ったら逃げるだろうな、私。人知を超えた荒唐無稽さとどこか寂しさと明るさは長新太さんの世界にも通じて、好きな人にたまらない可笑しさ。色もまた良い。

  • 江藤はるは さん

    ズンドコベロンチョなお話でした。

  • こずえ さん

    ネトギャリ。これすごく面白かった!長新太さんの世界を思い出す。子供がはまる絵本って、こういうわけわからなくも面白いものだと思う。かなり好きです。これ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

クリハラタカシ

1977年東京都生まれ。漫画、イラストレーション、絵本などを制作。漫画作品の他、絵本作品多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品