アメリカン・スナイパー ハヤカワ・ノンフィクション文庫

クリス・カイル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150504274
ISBN 10 : 415050427X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
499p;16

内容詳細

歴史的大ヒット&アカデミー賞6部門ノミネート中! クリント・イーストウッド監督の最新映画『アメリカン・スナイパー』の原作ノンフィクション
米軍史上、最も多くの敵を殺害した狙撃手として知られるクリス・カイル。彼はイラク戦争に四度従軍し、そのあまりに正確な狙撃能力のために、敵兵から「ラマディの悪魔」と恐れられた。彼は、「私はただ野蛮人を殺しただけだ」とうそぶくものの、戦争は彼の心に大きな爪痕を……。

目次:
荒馬乗りと気晴らし
震え
拿捕
生きられるのはあと五分
スナイパー
死の分配
窮地
家族との衝突
パニッシャーズ
ラマディの悪魔
負傷者
試練
いつかは死ぬ
帰宅と退役


【著者紹介】
クリス・カイル : 1974年、米テキサス州オデッサ生まれ。1999年、アメリカ海軍に入隊。難関の選抜を突破して、特殊部隊SEALチーム3に配属された。イラク戦争に四度従軍する間、狙撃手として敵軍の戦闘員160名を殺害。これは米軍史上、狙撃成功の最高記録であり、イラク軍や武装勢力からは「ラマディの悪魔」と恐れられた。軍功により二度の銀星章受章を始め、数々の勲章を授与されている。除隊後の2012年に刊行された本書は世界的なベストセラーとなった

ジム・デフェリス : 1956年生まれ。軍事関係を得意とする作家

スコット・マキューエン : 1961年生まれ。弁護士を経て、小説家、戦記作家として活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nakanaka さん

    アメリカ海軍特殊部隊SEALのスナイパーで狙撃成功最高記録を持つクリス・カイルのノンフィクション。極めて特殊な生涯を送った男の話でした。淡々と戦場での日々を語っている印象ですがちょっと想像を絶します。この世の中に絶対的な正義も悪も無いのではないかと感じました。そんな中、妻・タヤとの関係性が印象的でした。いつ死んでもおかしくない環境にいる夫、そんな場所に自ら向かう夫、将来への不安など、彼女の戦いもまた相当なものでした。退役した後に悲劇が起きるわけですがその出来事がさらに彼を特別な存在にしている気もします。

  • Hitoshi Mita さん

    読後とても複雑な気持ちになった。映画を先に見たがまだ映画の方が人として人間のあるべき姿と兵士として、戦場で人を殺すその間の葛藤が見えたが、本書を読むと、そこには敵を殺すことに躊躇いが感じられないし、あまつさえ殺す事に快感を感じてるのではと思わずにはいられなかった。僕が日本人だからか、アメリカの兵士とはこうなのかと思ってしまう。とても恐ろしく、この考えが全てなら、何故アメリカがテロの標的にされるのかが見えてくる様に感じる。その考えは傲慢にしか思えない。敵といえども人間の命を奪う。その命は軽くないはずなのに。

  • Panzer Leader さん

    [第65回海外作品読書会(6月24&25日)]イラン戦争に従軍したSEAL隊員の自伝。主人公の思想・考え方・行動は戦場で生き延びるためには必要な事とは理解できるが、その全てには賛同できない。淡々と描かれているのに読み終わるとどんよりとした気分になる。映画は未聴。

  • まひはる さん

    戦争は人間を蝕んでしまう。改めて平和を願う。

  • リキヨシオ さん

    米軍史上160人以上を射殺した狙撃手クリス・カイルの半生を描いたノンフィクション。海軍に入隊後、特殊部隊の狙撃手となり4度のイラク従軍し英雄となったものの心身共に支障をきたして除隊後2013年にPTSDの元軍人に射殺されたという衝撃の半生。相手を殺す事と尋問に耐える訓練を経て身に着けたのは常人には理解できない価値観と殺傷能力が戦場という四六時中襲われ命を落とすかもしれない極限の空間で発揮される度に緊張と興奮に日常生活へ順応できなくなる。戦場を望むカイルとタヤの間で広がる精神的な距離感に何とも言えない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

クリス・カイル

1974年、米テキサス州オデッサ生まれ。1999年、アメリカ海軍に入隊。難関の選抜を突破して、特殊部隊SEALチーム3に配属された。イラク戦争に四度従軍する間、狙撃手として敵軍の戦闘員160名を殺害。これは米軍史上、狙撃成功の最高記録であり、イラク軍や武装勢力からは「ラマディの悪魔」と恐れられた。軍

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品