クリストファー・ボラス

人物・団体ページへ

精神分析という経験 事物のミステリー

クリストファー・ボラス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784753304134
ISBN 10 : 4753304132
フォーマット
出版社
発行年月
2004年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,289p

内容詳細

本書は、精神分析的な過程に見られるパラドックスに関する哲学的な論考である。この精神分析的な過程は、関与する2人の参加者の深い主観性をとおして精神生活を客観化しようとする方法であるが、このミステリアスな出会いをクリストファー・ボラスは創造的かつ啓発的な方法で考察している。

目次 : 治療同盟の起源/ 精神分析家がいる場所/ 欠くことのできない精神分析の破壊について/ 形象とその機能/ 1、2…7/ 精神分析の目標とは/ 自己に背く心/ 心の干渉/ 境界例の欲望/ パラノイア概観/ 分析家が時として陥る狂気/ 体現化/ 創造性と精神分析/ 事物のミステリー

【著者紹介】
クリストファー・ボラス : ロンドンで個人開業している精神分析家

館直彦 : 1981年大阪大学医学部卒業。1983年大阪府立公衆衛生研究所。1995年東京慈恵会医科大学講師。2002年聖徳大学人文学部教授。現、多摩川病院院長、天理大学人間学部臨床人間学研究科教授

横井公一 : 1982年金沢大学医学部卒業。1993〜1996年アルバート・アインシュタイン医科大学トランスカルチュラル・サイカイアトリー・フェーローおよびウィリアム・アランソン・ホワイト研究所に留学。現、関西福祉科学大学大学院社会福祉学研究科助教授

赤山正幸 : 1982年関西医科大学卒業。現、爽進堂七山病院勤務

岡達治 : 1989年大阪大学医学部卒業。現、清風会茨木病院医局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

クリストファー・ボラス

40年以上のキャリアをもつ英国独立学派の精神分析家・理論家・著述家。理論面ではウィニコットを継承。精神分析関連の著書多数

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品