SACD 輸入盤

『カール・ベーム イン・パリ1973』『オイゲン・ヨッフム、ヴィルヘルム・ケンプ イン・パリ1969』(ステレオ・ライヴ)(シングルレイヤー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GCAC1044
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
SACD
その他
:
輸入盤

商品説明


貴重な名演をSACD化!
ドイツ系の巨匠たちが得意曲で勝負に出た圧倒的なフランス公演の記録!


「Spectrum Sound」からCDでリリースされたものの廃盤となっているタイトルを「Global Culture Agency」がライセンスしてSACD化。フランス国立視聴覚研究所(INA)所有のオリジナル音源(24bit/192kHz)から、国内で独自リマスターを施して商品化しています。
 2種のパリ・コンサートを贅沢にも合わせて収録。ベームのブラームス、ヨッフムのブルックナー、ケンプのベートーヴェン・・・どれもがまさに得意曲で大勝負といったドイツ・オーストリア系組合せの醍醐味にあふれています。ライヴならではの熱気と共に味わう至高の名演!

【ベーム・イン・パリ1973 Spectrum Sound(CDSMBA001)のSACD化】
「まず、モーツァルト。きりりと引き締まった構成と、細部にまで徹底して磨きをかけた美しさはベームならではである。『ドン・ファン』は言うならば作曲者直伝であろう。R.シュトラウスと直接の親交を持ったベームにとっては、まさにお家芸と言える。ブラームスも素晴らしい。たとえば、第2楽章の渋くほの暗い音色はまさにドイツのオーケストラのようだ。」〜平林直哉氏の解説より〜

【ヨッフム・ケンプ・イン・パリ1969 Spectrum Sound(CDSMBA003)のSACD化】
ベートーヴェン:「ケンプのタッチが克明に捉えられていて、ファンにはたまらないものである。とにかく、この人肌のように柔らかい音色、聴き手を慰撫するようなやさしさはケンプならではである。なお、ケンプはこの演奏でも、いつものように自作のカデンツァを弾いている。ヨッフムの伴奏も素睛らしい。古典的な均整美に溢れ、 明るく朗らかな雰囲気に満ちており、理想的と言える。」
ブルックナー:「音質が非常に鮮明なためにとても聴きごたえがある。オーケストラの機敏な反応も手に取るようにわかる。音楽の勢いは無駄なくエネルギー化されている。この演奏は恐ろしく色彩が豊かであり、それこそ万華鏡のようだ。こうした手さばきが可能ゆえに、スペシャリストの名を冠せられるのだろう。」〜平林直哉氏の解説より〜(販売元情報)


【収録情報】
『ベーム・イン・パリ1973』
1. モーツァルト:交響曲第29番イ長調 K.201
2. R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』 Op.20
3. ブラームス:交響曲第2番ニ長調 Op.73


 フランス国立放送管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1973年5月25日
 録音場所:パリ、サル・プレイエル

『ヨッフム・ケンプ・イン・パリ1969』
4. ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58(カデンツァ:ヴィルヘルム・ケンプ)
5. ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調(原典版)


 ヴィルヘルム・ケンプ(ピアノ:4)
 フランス国立放送管弦楽団
 オイゲン・ヨッフム(指揮)

 録音時期:1969年10月22日
 録音場所:パリ、シャンゼリゼ劇場

 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 SACD Single Layer

 2022年新リマスター
 初SACD化、国内製造品
 日本語帯・解説付

 SACD対応プレイヤーで再生できます。


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品