天使は泣けないから ライムブックス

キャスリン・シェイ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784562043286
ISBN 10 : 4562043288
フォーマット
出版社
発行年月
2007年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,581p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • める さん

    二年前の感想とは違う印象を持った。あの頃の自分は表面的な恋愛のあれこれにしか興味がなかったんだなあとしみじみ(今もあまり変わっていませんが(ーー;))。クレイも、今読むと全然素敵なだけのおじさまじゃなかったし笑)タズのことは簡単には許せないと思うあたり、もしかして狭量になってしまったのかも。

  • あっちゃん さん

    政治的な内容も濃く、お互いの立場を思いやりながらの二人が暖かかった。出来れば、ベイリーの兄弟のスピンオフでその後の一家の姿を感じたいのですが・・・。

  • める さん

    政策的に十年以上対立してきたベイリーとクレイ。ふとしたキッカケでお互いの意外な一面を知り、急速に惹かれ合う二人ですが、地位も責任も知名度も信念も、すべてが彼らの前に立ちはだかります。大人のラブストーリー。困難の中でも決してベイリーを手放そうとしないクレイが一途でよかった。しかも公明正大を地で行くような政治家。彼女のことを考えて少年のようにぼうっとなってしまうおじさまにときめいた。こんな副大統領候補が本当にいるのかなぁ(偏見?)。ロマンスとしても、社会的な問題をとりあげた作品としても楽しめました。

  • あさひ.a さん

    ギャングというものが身近にないので、想像しつつ興味深く読んだのだけど。このまとめ方で本当に良かったのかと思わなくもない。

  • こえん さん

    面白かった。更生を目指す若者に手を差し伸べる組織を運営するヒロインと、青少年の非行防止政策を巡って対立している上院議員のヒーロー。敵対してるH/Hが惹かれあっていくのも説得力があって良かったけど、少女ギャングの問題が、おざなりでなくリアルに描かれていてさらに良かった。最終盤がもっと丁寧に描かれてたら文句なかったのに。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品