キム スヒョン (作家)

人物・団体ページへ

私は私のままで生きることにした

キム スヒョン (作家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784847097539
ISBN 10 : 484709753X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
287p;20

内容詳細

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BTS(防弾少年団)ファンを中心に、SNSで大反響!
「日本語版、待ってました!」「冒頭のメッセージだけで泣ける」の声、続々!
韓国で60万部突破のベストセラー


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人と比べて、何になる?
誰かと比べて生きるなんて、もうやめたらいいよ。

韓国の若者を中心に大反響!
世界にたった一人しかいない“自分”を大切にして生きていくために、
忘れないでほしい70のこと。

✓自分からみじめになってはいけない
✓誰かの期待に応えようとしてはいけない
✓自分以外の何者かになろうとしない
✓自分が輝ける場所で生きていく
✓通りすがりの人に傷つけられてはいけない
✓すべての人に理解されようとしなくていい etc.


【著者について】
キム・スヒョン

イラストレーター・作家。まじめだけど深刻ぶらない、明るいけど軽くはない人。
美大には行ってないけれど、絵を描くのが好きで、デザインを勉強したことがある。文系とデザインのあいだにいて、現在はイラストを描き文章を書いている。
韓国では本書の他、3冊の著作がある。
◆instagram⇒217design


【翻訳者について】
吉川南(よしかわ・みなみ)

早稲田大学政治経済学部卒。書籍やテレビ番組の字幕など、幅広いジャンルの翻訳を手がける。訳書に『「先延ばし」にしない技術』(サンマーク出版)、『TEAM OF TEAMS』(日経BP社、共訳)、『熱狂の王 ドナルド・トランプ』(クロスメディア・パブリッシング、共訳)などがある。

【著者紹介】
キムスヒョン : イラストレーター・作家

吉川南 : 早稲田大学政治経済学部卒。書籍やテレビ番組の字幕など、幅広いジャンルの翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • もも さん

    韓国、ハンガリー、日本の3国に共通していることは「人生の寄り道が許されていない」ということ。ライフプランを適齢期に沿ってクリアしないと、周りから白い目で見られる。そして韓国は自殺率が高く出生率が低いらしい。日本の生きづらさはここなのか、と思った。 いくら自由に生きたいと願っても、自由に生きていてよかったねと言われるのは周りの人と同じようなスピードでライフイベントを達成していることが前提だ。結婚できなければ可哀想だし、就職していなければ欠陥があるのではないかと思う。本書を読んで、少し固定観念が外れた。

  • きたむらさんえ さん

    や韓国は教育、名誉、ルックス、職業的な成功といった分野で達成不可能な高い基準で定め、それに画一的に合わせるよう、大きなプレッシャーを課している国だという」→日本に差し替えても通じる。だから本書が日本でも多く読まれている理由になる/個人主義が強い社会では収入に関係なく人々の幸福度が高い/日本は超集団主義社会

  • coldsurgeon さん

    世の中は不条理だと思いながら生きる。社会のいろろなしがらみやしきたりに、閉塞感を感じて生きる。韓国も日本も、似たような社会環境であるのは、地政学的な問題なのだろうか。人生の目的が幸福になることだという古代哲学者の迷言に導かれれて、生きることほど、つらいことはない。他者の存在で生かされているのは事実であるが、他社の目を意識せず、自分を大切にして、生きることが、よい人生なのであろう。人生はB(Birth)とD(Death)との間のC(choice)なのである。

  • ろこ さん

    ありきたりだけど、 一番忘れてはいけないこと。 自分を愛して、認めて、いたわってあげないということは 自分に対する虐待だ

  • リリー さん

    図書館で、なんとなく惹かれて借りた。韓国の人の本を初めて読んで、なんか、びっくりすることも多かった。正直、日本より生きていくの、たいへんそう。筆者は、身近なことから、社会的なことまで、優しい言葉で、深部まで切り込んでいく感じがとてもよかった。同じアジア人同士、似たところもあるわけだから、もっとわかりあえるといいんですけどね、やっぱり先の戦争のことがあるから、難しいのかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

キム スヒョン (作家)に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品