キム スヒョン (作家)

人物・団体ページへ

私は私のままで生きることにした

キム スヒョン (作家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784847097539
ISBN 10 : 484709753X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
287p;20

内容詳細

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

韓国で70万部突破のベストセラーエッセイ
日本でも大反響!発売から3カ月で15万部突破!(2019年5月現在)

「いつも、人からどう見られるかを気にしていた」
「これから私は、私のままで生きることにした」
幅広い世代が共感!
“私のままで生きることにした”人、増えてます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人と比べて、何になる?
誰かと比べて生きるなんて、もうやめたらいいよ。

韓国の若者を中心に大反響!
世界にたった一人しかいない“自分”を大切にして生きていくために、
忘れないでほしい70のこと。

✓自分からみじめになってはいけない
✓誰かの期待に応えようとしてはいけない
✓自分以外の何者かになろうとしない
✓自分が輝ける場所で生きていく
✓通りすがりの人に傷つけられてはいけない
✓すべての人に理解されようとしなくていい etc.


【著者について】
キム・スヒョン

イラストレーター・作家。まじめだけど深刻ぶらない、明るいけど軽くはない人。
美大には行ってないけれど、絵を描くのが好きで、デザインを勉強したことがある。文系とデザインのあいだにいて、現在はイラストを描き文章を書いている。
韓国では本書の他、3冊の著作がある。
◆instagram⇒217design


【翻訳者について】
吉川南(よしかわ・みなみ)

早稲田大学政治経済学部卒。書籍やテレビ番組の字幕など、幅広いジャンルの翻訳を手がける。訳書に『「先延ばし」にしない技術』(サンマーク出版)、『TEAM OF TEAMS』(日経BP社、共訳)、『熱狂の王 ドナルド・トランプ』(クロスメディア・パブリッシング、共訳)などがある。

【著者紹介】
キムスヒョン : イラストレーター・作家

吉川南 : 早稲田大学政治経済学部卒。書籍やテレビ番組の字幕など、幅広いジャンルの翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 香菜子(かなこ・Kanako) さん

    私は私のままで生きることにした。キムスヒョン先生の著書。韓国と日本の社会環境や文化は似ているところが多いから、キムスヒョン先生のお話には納得させられるところがたくさん。私は私のままで生きる、自分らしく生きるのは簡単なことではないけれど、だからといって私は私のままで生きる、自分らしく生きることをあきらめてしまってはそれで終わり。キムスヒョン先生から元気がもらえる良書。

  • サウス@色々やる! さん

    ★×5 これは凄くいい。 自分を大切にしなきゃって、すごく感じた。 ほんとおすすめ

  • もも さん

    韓国、ハンガリー、日本の3国に共通していることは「人生の寄り道が許されていない」ということ。ライフプランを適齢期に沿ってクリアしないと、周りから白い目で見られる。そして韓国は自殺率が高く出生率が低いらしい。日本の生きづらさはここなのか、と思った。 いくら自由に生きたいと願っても、自由に生きていてよかったねと言われるのは周りの人と同じようなスピードでライフイベントを達成していることが前提だ。結婚できなければ可哀想だし、就職していなければ欠陥があるのではないかと思う。本書を読んで、少し固定観念が外れた。

  • マカロニ マカロン さん

    個人の感想です:B。スゴイ脱力系なタイトルとイラストで読んでいるうちに既視感があり、そうだ『嫌われる勇気』だ!と思ったら、『嫌われる勇気』が日本と韓国で爆発的に売れたという文が出てきた。私は韓国の人はかなり自尊心持っているように思っていたが、この本では「卑屈にもみえる謙遜」した態度を取ると書かれていて意外に感じた。また、「(ハンガリー、)日本、韓国」は寄り道が許されない社会で、自殺率が高く、出生率も低いとのこと。「資本主義の最大の悲劇は、お金に換算できない才能を無価値とみなすこと」とあり、大いに共感した。

  • rikako さん

    本屋さんで運命的な出会いをした。なんてかわいい表紙なんだ!!!色といいデザインといいコレほど自分好みのものと出会うとは! 間接照明を付けて寝る前に少しずつ1ヶ月半くらいかけて読みました。内容もとてもよかった。自分を守っていいんだって思えます。他人からの評価を気にするのは勿体無い。大切なことは自分の尺度で物事を見ることである。人生に迷った時、生活に疲れた時、「あなたは間違っていない」と励ましてくれる、優しくそして力強い身方になつてくれる本です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

キム スヒョン (作家)に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品