キム スヒョン (作家)

人物・団体ページへ

私は私のままで生きることにした

キム スヒョン (作家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784847097539
ISBN 10 : 484709753X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
287p;20

内容詳細

日韓累計110万部突破!(韓国80万部、日本30万部)
「2019年 年間ベストセラー」にもランクインした
話題のイラストエッセイ(日販、トーハン調べ)

「いつも、人からどう見られるかを気にしていた」
「これから私は、私のままで生きることにした」
幅広い世代が共感!
“私のままで生きることにした”人、増えてます!


人と比べて、何になる?
誰かと比べて生きるなんて、もうやめたらいいよ。

韓国の若者を中心に大反響!
世界にたった一人しかいない“自分”を大切にして生きていくために、
忘れないでほしい70のこと。

✓自分からみじめになってはいけない
✓誰かの期待に応えようとしてはいけない
✓自分以外の何者かになろうとしない
✓自分が輝ける場所で生きていく
✓通りすがりの人に傷つけられてはいけない
✓すべての人に理解されようとしなくていい etc.


【著者について】
キム・スヒョン

イラストレーター・作家。まじめだけど深刻ぶらない、明るいけど軽くはない人。
美大には行ってないけれど、絵を描くのが好きで、デザインを勉強したことがある。文系とデザインのあいだにいて、現在はイラストを描き文章を書いている。
韓国では本書の他、3冊の著作がある。
◆instagram⇒217design

【翻訳者について】
吉川南(よしかわ・みなみ)

早稲田大学政治経済学部卒。書籍やテレビ番組の字幕など、幅広いジャンルの翻訳を手がける。訳書に『「先延ばし」にしない技術』(サンマーク出版)、『TEAM OF TEAMS』(日経BP社、共訳)、『熱狂の王 ドナルド・トランプ』(クロスメディア・パブリッシング、共訳)などがある。

【著者紹介】
キムスヒョン : イラストレーター・作家

吉川南 : 早稲田大学政治経済学部卒。書籍やテレビ番組の字幕など、幅広いジャンルの翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • lily さん

    そこらの上から目線のハウトゥー本や自己啓発本と違うのは韓国の苦しい現状と合わせて、著者の人生で辛かったこと、後悔、羞恥を素直に誠実に語り、そこから得られたこと、変化したこと、決意したことを謙虚に示す温かさにある。科学に頼って統計的に生きるほど、私達はロボットでもないし、平均的な生き方をしてる人は少ない。平均は四方八方に偏った集合を一点に無理矢理集約したものだから。変わってる人だねって言われるくらいが私のままで生きているということ。自分の感性と意志と思考を何よりも大切にしよう。それが最も心地よい生き方だから

  • けんとまん1007 さん

    私のまま。これの意味するところは、大きくて広い。人によって受け取り方も、随分と違うと思う。人は、ついつい、いろんなものと比較することで、安心したりすることが多い。しかし、それは自分自身を、自分の都合のいいものと比較し、相対化することで安心感を得ようとするものだと思うので、ある意味、脆いものだと思う。最初は辛いことが多いと思うが、そこから抜け出ることで、見えるものが変わるおt思っている。そんなところを、背中をそっと押すような文章が多く、頷くことが多い。こころが軽くなる1冊。

  • mincharos さん

    うーーーん。あんまり私には響かなかったかなー。素通りして読んだ感じ。とはいえ、韓国の人たちの自殺の多さの理由が分かった気がしたし、韓国人と日本人は考え方が似てるな!というのにも頷く。幸せなんて人と比べられるものじゃないんだよ!自分が欲しいものと人が欲しいものは違うんだから。幸せそうな人が持ってるものを真似して欲しがって、それを自分が手にしたからと言って、自分も幸せになれるとは限らない。むしろその幸せそうに見える人が本当に幸せかどうかなんて分からない。さ、私は私らしく、これまで通り生きてゆくよー!!

  • 香菜子(かなこ・Kanako) さん

    私は私のままで生きることにした。キムスヒョン先生の著書。韓国と日本の社会環境や文化は似ているところが多いから、キムスヒョン先生のお話には納得させられるところがたくさん。私は私のままで生きる、自分らしく生きるのは簡単なことではないけれど、だからといって私は私のままで生きる、自分らしく生きることをあきらめてしまってはそれで終わり。キムスヒョン先生から元気がもらえる良書。

  • kaoriction@本気の感想はお休み中 さん

    人生が終わるその瞬間まで共にいてくれるのは、自分自身。韓国ではBTSのメンバーの愛読書としても知られ、空前のベストセラー、キャラクターグッズまで発売される社会現象となっているという。確かに、この不確かな世界を生きる私たちに寄り添い、心を見つめ、自分を生きてゆくためのバイブル的な書だ。柔らかなイラスト、わかりやすい言葉。だけど、その言葉が言葉となるまでに、著者は自分自身の人生にかなり悩み、考え、向き合ってきたのだなぁと思う。だからこそ、の言葉たち。軽く読めるが、決して軽くはない重い言葉たち。自分を責めずに。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

キム スヒョン (作家)に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品