唾がたまる キム・エランの本

キム・エラン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750518220
ISBN 10 : 4750518220
フォーマット
出版社
発行年月
2023年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
288p;20

内容詳細

──母の包丁の音、いまも心にこだまする言葉。

〈 すべての記憶が、わたしを支えている〉
韓国文学のトップランナーによる、切なくて、痛くて、おかしな8つの物語。

---------

自分をいつも守ってくれた豪快な母。
何もかもがうまくいかなかった、クリスマスの夜の苦さ。
就職難の中で手に入れたささやかな「城」 への闖入者。
死んでしまった母親との、本当の別れ。

大人になろうとする主人公たちの大切な記憶を鮮やかに紡ぐ、作家の自伝的要素も散りばめられた瑞々しい短編小説集。

【著者紹介】
キム エラン : 韓国・仁川生まれ韓国芸術総合学校演劇院劇作科卒業。2002年に短編「ノックしない家」で第1回大山大学文学賞を受賞して作家デビューを果たす。2013年、「沈黙の未来」が李箱文学賞を受賞

古川綾子 : 神田外語大学韓国語学科卒業。延世大学教育大学院韓国語教育科修了。神田外語大学講師。NHKラジオステップアップハングル講座2021年7‐9月期「K文学の散歩道」講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 星落秋風五丈原 さん

    「包丁の跡」著者の両親がカルククス屋をやっていたというから、まさにザ・自伝。カルククス屋をやっていたといっても、実際に切り盛りしていたのは、しっかり者のオンマ(お母さん)で、父親は母親からもらった結婚指輪を飲み代のかたに取られてしまったり、女つくったり、ザ・ダメ男。第三者から見れば「面白いおじさん」なんだろうが、家族として一生背負うとなると大変だ。本編はそんな父より、頑張りぬいた母にスポットを当てる。

  • しい☆ さん

    短編が8つ。はじめて読む作家さん。とても良かった。わたしが今まで出会ったことの無い比喩や表現が出てきて秀逸。パラサイトやマイディアミスタ−を見ていたおかげで住宅事情(とても大事)にもついていけた気がする。子午線を通過する時 と 四角い場所 が好き。 皮を剥かれている青リンゴの表紙も素敵。 場所に記憶が残る感覚を久しぶりに思い出した。窓から通学路を眺めると今でもランドセル背負った子が帰ってくる気がするし、あの道を通るとずいぶん前に亡くなったおじいちゃんがまだ散歩してる気がする。そういう場所が私にも沢山ある。

  • 石 さん

    大げさなエピソードなど無くても、確かな技量があれば優れた小説を書けるのだという見本のような小説 さりげない台詞や比喩表現が心に残る 特に「四角い場所」がいい 224ページのとある一言が、先輩に憧れる少女の儚い気持ちを見事に表現している

  • フランソワーズ さん

    『包丁の跡』が珠玉。冒頭の一節でやられてしまいます。

  • 折笠 繭 さん

    寂しい気持ちは 永遠に回り続ける壊れた宇宙船の破片。小説の言葉はたまに残酷。研ぎ澄まされたナイフが、人として生きるための〈原罪〉を心の内側から抉るから。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品