ギヴン 7 ディアプラス・コミックス

キヅナツキ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784403667824
ISBN 10 : 4403667821
フォーマット
出版社
発売日
2021年12月01日
日本
追加情報
:
157p;19

内容詳細

バンドへのプロからの誘いを保留したままの真冬は柊のバンドでサポートに打ち込む立夏にあの日の由紀の姿を重ねる。一方、真冬を傷つけたと焦る柊に、玄純が沈黙を破り……!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kanabi さん

    春樹が許してもその昔秋彦がやったことは許せねえという気持ちは常に片隅にあるけど、でもふたりが幸せそうで良かった。春樹が幸せならオッケーです。そしてなにより柊と玄純めちゃくちゃ気になってたので今巻楽しみにしてた!柊のまっさらな好きに対して玄純の好きは思ってた以上に重くて黒かったけど、お互い通じ合えて良かった。玄純の執着と愛も相当だけど、本人がこれやったら嫌われるだろうと覚悟する程の割と酷いことをされても、涙出てんのに「やめない!いちいち確認すんなバカ!」と返して受け入れる柊も相当だよ。2人を応援しています。

  • こつ さん

    シズ…。すごいなー。愛が重いけど、そこまで愛せるのがすごい!あと、映画のその後みたいなのおもしろかったー。 秋彦は誰にも信用してされてない笑

  • ひか さん

    柊と立夏、よく似てるのホントに面白い。春樹と秋彦は紆余曲折経ての蜜月かと思うと感慨深いよな。それにしてもそんなに狭い世間に天才って溢れてるもの?という気がしなくもないけど、現実でメジャーになってるバンドも割りとそんなもんか。恋愛感情までは絡まなくても、この先の人生一緒にやってくという選択をしてるんだよねぇ。あ、柊と玄純のアレコレは相当ビックリしましたw

  • みなづき さん

    DVD見たさに7巻にして書籍版を購入。映画がほんとによかったので期待。さて、本編はといえば、シズちゃんと柊は意外とあっさりくっついたなあ。というかシズちゃん、何考えてるかわかんないし私的には怖い人だけども柊が幸せそうでよかった。そして子供時代の柊とシズちゃんかわいい…。由紀の存在感のすごさとその反動みたいな喪失感。亡くなったあとの影響力がなかなか。そして真冬くんが心配だなあ。歌えなくなったりするのだろうか。あと映画の入場特典のマンガ読みたさに映画のDVD買ったんだけど、こっちにも収録されるのか…そうか。

  • 梵 さん

    柊と玄純の関係性が決着。この二人は音楽が恋愛によって崩れなさそうで、ギヴンのメンバーと違って安心感がある。真冬は大丈夫かな

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

キヅナツキに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド